1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 記者発表 2018年
  5. 「ジェトロ対日投資報告2018」発行 ―イノベーション創発に寄与する外資―

「ジェトロ対日投資報告2018」発行 ―イノベーション創発に寄与する外資―

2018年11月29日

ジェトロは、対日投資に関する包括的な報告書「ジェトロ対日投資報告2018」をまとめましたので、そのポイントおよび今後のジェトロの取り組みの方向性について以下のとおり発表します。

3つのポイント

1.堅調に推移する対日直接投資 ―存在感を増すアジア

  • 2017年末の対日直接投資残高は28.55兆円で4年連続過去最高を更新。
  • 地域別では唯一、北米の対日投資残高が前年比で縮小(▲4,442億円)。他方、アジアの対日投資残高は2000年比で10.3倍に拡大し、欧州、北米に次ぐ対日投資の担い手に急成長。
  • アジアからは、インバウンド関連(LCC(格安航空会社)による日本の地方都市への定期便の新規就航、キャッシュレス決済サービス)、越境EC運営企業による調達拠点の設置に加え、新しいサービス形態の一つであるシェアリングエコノミー分野での投資が拡大。
  • 2017年度のジェトロの対日投資誘致成功件数は193件で過去最高。うち、投資元として存在感を増すアジアの件数は5割超に。

2.新たなトレンド ―「イノベーションを生み出すエコシステム」に外資が本格参入

  • イノベーションの担い手であるスタートアップの日本におけるエコシステムに外国企業が相次いで参画。
  • 外資系のコワーキングスペース、アクセラレーター、ベンチャーキャピタル等が海外での豊富な経験に基づき、日本の創業環境に寄与。スタートアップの成長に必要なノウハウの提供、新たなビジネス・イノベーションを生む機会の提供等を実施。新規事業の企画・立案等を目指す大企業によるコワーキングスペースの利用も拡大。

3.日本市場における外資の積極姿勢 ―イノベーション創発にも前向き

  • ジェトロの在日外資系企業向けアンケート調査(※)では、7割を超える企業が日本を収益性の高い市場と評価(調査項目として初の聴取)。
  • 約7割の企業が投資拡大・雇用拡大に意欲。また、投資拡大に意欲的な企業の過半が日本企業に対するM&Aに関心(同上)。
  • 日本企業・大学等とのオープンイノベーションに関心を示した企業は約7割(同上)。相手先として、「日本の中堅・中小企業」に対する関心がトップに(同上)。
  • 「規制のサンドボックス」制度(2018年6月創設)を活用してみたいと回答した企業は6割超で、日本でのイノベーション創発に対する意欲がうかがえる(同上)。
(※)
ジェトロ実施:日本の投資環境に関する在日外資系企業アンケート調査2018
2018年5~6月、日本の投資環境について、在日外資系企業にアンケート調査を実施。外資企業266社より入手した回答をもとに分析。

今後のジェトロの取り組みの方向性

来年度から本格的に海外からのスタートアップの誘致に取り組む

  • 支援メニューを拡充するなどし、スタートアップ企業の将来性を見極めながら、革新的な技術やビジネスモデルの日本への呼び込みをしっかりと行っていく。
  • 世界各地に設置した「ジェトロ・グローバル・アクセラレーション・ハブ」も活用し、インバウンドでも有望な外国スタートアップの発掘を行う。
  • 地方でのイノベーション創出や経済活性化に向け、スタートアップの育成や誘致に取り組む自治体とも連携し、地方への誘致も図る。

新たに日本の大学・大学院でシリーズ講座を開催

  • 在日外資系企業のビジネス上の阻害要因トップは「人材確保の難しさ」。ジェトロは、インドでIT人材ジョブフェアを開催するなど、高度外国人材の日本への呼び込みに取り組んでいる。また、外資系企業の人材確保につながる支援として、東京大学や東北大学と連携して留学生と在日外資系企業との交流会を行ってきた。
  • こうした取り組みを継続しつつ、新たに、日本の大学・大学院において、日本で活躍する外資系企業がシリーズで登壇する講座を開く。2019年4月の開講に向け、候補大学と具体的に検討中。これにより、大学生・大学院生(留学生を含む)のキャリア形成において、在日本の外資系企業が有力な選択肢となることを支援する。

ビジネス環境のさらなる改善への貢献

  • 在留資格「経営・管理」の取得に関し、外国・外資系企業からジェトロに寄せられた要望をもとに経済産業省と法務省が協議した結果、一定の条件の下、コワーキングスペース等でも取得が可能となる特例措置が認められた。
  • ジェトロは引き続き外資系企業の声に丁寧に耳を傾け、その声を政府に届けていくことにより、日本のビジネス環境のさらなる改善に貢献していく。

添付資料:

「対日投資報告2018」は、次のウェブページよりご覧いただけます:

ジェトロ対日投資課(担当:坪井、山田)
Tel:03-3582-5234