1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 記者発表 2017年
  5. アジア最大級の酒類専門見本市「香港International Wine and Spirits Fair 2017」にジャパンパビリオンを設置 ‐全国から多彩な日本産酒類が出品‐

アジア最大級の酒類専門見本市「香港International Wine and Spirits Fair 2017」にジャパンパビリオンを設置 ‐全国から多彩な日本産酒類が出品‐

2017年10月31日

ジェトロは、11月9日(木曜)~11月11日(土曜)、香港で開催されるアジア最大級の酒類専門見本市「香港 Interinational Wine & Spirits Fair 2017」にジャパンパビリオンを設置します(農林水産省補助事業)。
ジャパンパビリオンでは、近年世界各地で人気が高まっている日本酒を中心に、焼酎、ワイン、リキュール、ウィスキー、そしてクラフトビールなど、日本産酒類のメーカー等が22社・団体、北は北海道から南は鹿児島県まで全国から出品します(添付「ジャパンパビリオン出品者リスト」参照)。

香港はわが国酒類輸出額第4位の市場であるとともに(グラフ1)、日本食の一層の普及に伴い日本産酒類の人気が高まっており、またアルコール度数30パーセント以下の酒税が2008年に撤廃されたことも追い風となり(グラフ2、3)、今後もさらなる拡大が期待される市場です。

グラフ1.日本産酒類の輸出動向(国・地域別、2016年)

1位:米国23.7%、2位:韓国17.6%、3位:台湾10.8%、4位:香港10.0%、5位:シンガポール6.4%、6位:中国6.3%、7位:フランス6.1%、その他19.2%

グラフ2.香港向け日本産酒類の輸出動向

2008年21.4億円、2009年19.9億円、2010年22.3億円、2011年26.9億円、2012年25.8億円、2013年28.3億円、2014年31億円、2015年39.3億円、2016年42.9億円

グラフ3.香港向け日本産酒類の輸出動向(品目別、2016年)

日本酒61.2%、ウィスキー7.6%、ビール7.4%、焼酎2.4%、ぶどう酒0.7%、その他20.6%

1.6年連続のジャパンパビリオン設置

ジェトロが実施するジャパンパビリオンの設置は、2012年から6年連続6回目となります。ジャパンパビリオンは2015年から会場のほぼ中央に位置し、今回も多くの来場者に日本産酒類をアピールできる好立地を確保しています。香港が輸出額で米国に次ぐ第2位(18.8億円)となっている日本酒は全国各地から14社、本格焼酎も九州から2社が参加します。また、ワインは山梨県からワイナリー2社が参加し、人気の高まっている日本ワインの魅力を伝えます。この他、世界的に人気の高いウィスキー、クラフトビール、香港の若者や女性に特に人気のある梅酒やリキュールなど、バラエティ豊かな日本産酒類を紹介します。

2.併催セミナーで香港在住専門家が日本産酒類の魅力を現地視点で紹介

ジェトロではジャパンパビリオンに出品する日本産酒類をより効果的に香港や各地から参加するバイヤー等にPRするために、今年は会場内専用セミナースペースにおいてより本格的な日本産酒類のセミナーを3回にわたり開催します(添付「ジェトロ主催セミナー概要」参照)。セミナーでは、初日11月9日に「日本ワイン」、2日目10日に「日本酒と中華料理、西洋料理とのペアリング」、最終日11日にはまだまだ認知度の低い焼酎の香港市場への参入手段の一つとして「焼酎をベースとしたカクテル」をテーマに取り上げます。香港市場に精通した香港在住のそれぞれの分野の専門家を講師にお招きし、セミナーや試飲を通じてそれぞれの日本産酒類の特徴や魅力について実際の楽しみ方や飲み方まで現地バイヤーの方々にわかりやすくお伝えすることで、日本産酒類の香港市場へのさらなる浸透を図ります。

3.酒類単品ではなく、酒器との組み合わせも含めプロモーション

今年はジャパンパビリオンの各出品者ブースにおいて、それぞれのお酒に合う酒器の展示・紹介も積極的に行います。日本酒の楽しみ方としても、日本伝統のお猪口が合うお酒もあれば、ワイングラスで香りが楽しめるお酒もあります。酒器の違いによるお酒の味や香りの違いも魅力として楽しんでいただけるようバイヤー等に紹介・提案していきます。

4.結果に繋がる商談 ― ジェトロの支援

ジェトロの食品コーディネーターが現地バイヤーとジャパンパビリオン出品者との商談を事前にアレンジし、効果的な商談と成約に向けた支援を行います。また、ジェトロのコーディネーターやスタッフが、商談中も適宜アドバイスをするなど立会い、スムーズな商談から成約に繋がるようサポートします。さらに本見本市は特にアジア地域からのバイヤーの参加も多いことから、ジェトロの在アジア事務所ネットワークを活用して事前広報によるアジア諸国からのバイヤー誘致も強化し、香港市場のみならずその他アジア諸国・地域への販路拡大を支援します。

Hong Kong Interinational Wine & Spirits Fair 2017「ジャパンパビリオン」 開催概要

主催
:ジェトロ
会期
:2017年11月9日(木曜)~ 11月11日(土曜)
会場
:香港コンベンション & エキシビションセンター
参加規模
:180平方メートル
参加企業
:22社・団体

※農林水産省補助金事業

香港 Interinational Wine & Spirits Fair 2016(参考)

会期
:2016年11月10日(木曜)~12日(土曜)
出品者数
:37カ国/ 地域、1,067社
展示面積
:16,627平方メートル
来場者数
:19,418(68カ国/ 地域)

ジェトロ農林水産・食品部 ジャパンパビリオン事務局 (担当:内田、河浦、栗間)
Tel:03-3582-8350