1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 記者発表 2017年
  5. 海外コンビニにおける加工食品・菓子類・飲料のテスト販売事業:シンガポール向け商品を発表、ベトナムで再度実施へ

海外コンビニにおける加工食品・菓子類・飲料のテスト販売事業:シンガポール向け商品を発表、ベトナムで再度実施へ

2017年04月10日

ジェトロは、シンガポールのセブン-イレブン(※注)約350店舗にてテスト販売事業「J-TREATS FESTIVAL」(日本おやつ祭りの意)を、4月19日から6月13日にかけて実施します。

対象となる全店舗に専用コーナーを設置し、公募を通じて採択した11都道府県16社の30品目(うち、20品目がゼリーやスナックなどの菓子類)をテスト販売します。また、徳島県産・種子島産・対馬産のサツマイモを使用したチップスや焼き芋、富山県産の黒酢ドリンクなど、16品目がシンガポール初輸出の商品です。

なお、本事業は、昨年1月に経済産業省が設立した「コンビニエンス・ストアとジェトロの連携推進に関する協議会」の決定に基づき、ベトナムにおけるファミリーマート、ミニストップ、イオンの全店舗(約200店舗)で昨年11月に実施したテスト販売事業に続く取り組みです。

ベトナムにおけるテスト販売事業の第2回の開催も決定しました。2017年11月から2018年1月まで、最大3カ月の予定です。

(※注)香港を拠点とする小売大手のデアリー・ファーム社が運営会社。セブン-イレブン・ジャパンの100%子会社である7-Eleven, Inc.が同社にシンガポールにおけるエリアライセンスを付与。

1. シンガポールでのテスト販売事業「J-TREATS FESTIVAL」の特徴

  • 実施期間は4月19日から6月13日までの約2カ月間。展開店舗は、シンガポールにおけるセブン-イレブンの約350店舗。
  • 継続販売を目標に、シンガポールのセブン-イレブンが現地の消費者ニーズにマッチすると考える品目をジェトロが公募。実際の流通コスト等を反映させた小売価格でテスト販売を実施。
  • 30の採択品目のうち、16品目がシンガポール初輸出となる菓子類、飲料等。
  • 採択企業には消費者アンケート調査の結果や、POSデータを元にしたマーケティング情報等をフィードバックする予定。

2. 今回の採択品目のポイント

  • シンガポールの消費者が受け入れ易い価格帯の商品(日本での小売単価が500円以下)
  • 【参考】テスト販売時の平均小売単価は約3.7シンガポールドル(約300円)となる見込み。
  • シンガポールであまり流通していない商品(黒酢飲料、缶詰入りのパン等)やニーズが高まっている商品(サツマイモなど国産原料を活かした菓子類 等)が選ばれた。

主な採択品目

  • 徳島産・種子島産・対馬産のサツマイモを使用したチップスや焼き芋
  • 国産黒酢を使用した黒酢ドリンク、缶詰入りのパン
  • ドリップタイプのお茶、コーヒー、カップ味噌汁
  • ゼリーやスナックなど菓子類 等

3. ベトナムにおける第2回のテスト販売事業の実施決定

  • フェア実施期間は2017年11月から2018年1月までの最大3ヵ月間。展開店舗は、ベトナムにおけるファミリーマート、ミニストップ、イオンの全店舗(約300店舗の見込み)。
  • 対象品目は、インスタントやレトルト等の加工食品、菓子類、飲料、その他農水産品・食品、日用品等。
  • 公募締切は5月12日。4月24日から27日にかけ、日本国内での説明・商談会を実施。
    4月24日(月曜) 札幌市
    4月25日(火曜) 大阪市
    4月26日(水曜) 福岡市、熊本市
    4月27日(木曜) 東京都

ジェトロ・サービス産業課(担当:下笠、石見)
Tel:03-3582-5238