1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. 東南アジア最大級の食品総合見本市 「THAIFEX 2017」にジャパンパビリオンを出展

東南アジア最大級の食品総合見本市 「THAIFEX 2017」にジャパンパビリオンを出展

―多種多様な日本産食品・食材の魅力を料理デモやFacebookで発信―

2017年05月24日

ジェトロは、農林水産省「輸出総合サポートプロジェクト」事業の一環として、5月31日(水曜)~6月4日(日曜)、バンコクで開催されるタイ最大級の総合食品見本市「THAIFEX 2017」に、ジャパンパビリオンを設置します。

6年連続7回目の出展となる今回は、菓子、水産物・水産加⼯品、外食向け食材、アルコール飲料といった幅広いニーズに応えるべく、67社・団体が出品し、タイをはじめとしたASEAN地域への日本産農水産物・食品の販路拡大を目指します。

1. 安定を取り戻し、広がる市場ニーズ

日本からの農林水産物の輸出先として、ASEANは1,177億円と同第2位の米国(1,045億円)を上回る大きな市場です。その中でもタイは同市場における最大の輸出先となっています。昨年のプミポン国王崩御直後には特に飲食や小売を中心に服喪期間中の催事や酒宴の自粛の影響が売り上げに見られましたが、現在ではほぼ通常通りに戻っており市場の状況は安定しているといえます。またここ数年は日本食レストラン(2,713店舗(2016年6月末時点))の競争が激化し、バンコクを中心に富裕層が果物や肉など高級な日本食材や健康志向が高まる傾向にある一方で、地方にも中間所得層を対象としたチェーン店などが広がりを見せてきており今後さらに様々な需要が生まれることが期待されます。

2. 多種多様な商品・食材で市場の拡張と開拓

現在のタイにおける様々な食品ニーズに応えるべく、多種多様な商品・食材を出品します。特に現地で高い人気を誇る日本の菓子類の出品が最も多くジャパンパビリオン全体の4分の1を占めています。また、日本からタイ向けの農林水産物の5割程度を占める水産品やJTEPA(日タイ経済連携協定)の適用により関税負担を大幅軽減することができる酒類、その他日本の輸出戦略上も重要な茶や畜産物、タイで最近人気のさつま芋などの出品物もあります。これらのうち約半数程度の出品者がタイ未販売の商品・食材を出品し、タイをはじめとしてASEANにおける新たな商流開拓を目指します。

3. 様々なツールを駆使して来場誘致

今回ジャパンパビリオンではTHAIFEX 2017に合わせてFacebookに特設ページを開設しました。同ページでは出品者の情報や昨年のジャパンパビリオンの様子を写真や動画を交えて発信していきます。また会期当日には、180万人以上のタイ人消費者フォロワーを抱え数多くの料理番組にも出演する有名料理ブロガーやタイの老舗調理学校であるデュシタニ調理学校にて講師を務めるタイ人シェフら3名が、出展企業から提供された日本食材を使ったオリジナルレシピをジャパンパビリオン内の特設調理ステージにて披露するとともに、当該日本産食材を使ったオリジナル料理を来場者に楽しんでいただく機会を作ります。これら料理デモンストレーション等の様子についてもFacebook特設ページ内にて随時配信します。

4. 日本産食品魅力発信イベントの開催

一般来場者も訪れる6月3日、4日には、ABCクッキングスタジオより料理体験を実施し、多くのタイ人消費者に日本食材・日本料理に触れてもらう機会を作ります。さらに、タイ現地で活躍する日系食品企業などの協力を得て、日本産食品の魅力を来場者に発信するイベントをあわせて開催します。

参考:
日本からタイに向けた農林水産物の2016年の輸出総額は329億円でした。過去最高を記録した前年(358億円)より8%程度縮小したことになりますが、背景には円高とタイへの輸出の5割以上を占める水産物の漁獲不良等により輸出全体が縮小したことが大きく影響しています。一方で豚の皮や牛肉などの畜産物を中心とする農産物の輸出は前年比10%弱伸びており、全体としては堅実な拡大を続けていると言えます。

タイ向け農林水産物輸出額推移(単位:億円)

タイ向け農林水産物の輸出額の推移を表す棒グラフ。林産物、水産物、農産物の順に、2012年:2億円、151億円、111億円。2013年:3億円、208億円、133億円。2014年:4億円、176億円、168億円。2015年:4億円、186億円、168億円。2016年:4億円、141億円、184億円。

(出典)農林水産省ウェブページよりジェトロ作成


ジャパンパビリオン概要

主催:
ジェトロ
会期:
2017年5月31日(水曜)~6月4日(日曜)
会場:
IMPACT Exhibition and Convention Center (IMPACT Hall 4)
参加企業:
67社・団体(添付資料1参照)
参加規模:
522平方メートル

THAIFEX 2016実績

会期:
2016年5月25日(水曜)~29日(日曜)(5日間)
出品者数:
1,919社(40カ国)
来場者数:
42,528人
展示面積:
80,000平米
主催者:
ケルンメッセ株式会社

THAIFEX 2017ジャパンパビリオンイメージ図

ジェトロ農林水産・食品事業推進課(担当:和泉、今井)
Tel:03-3582-5546

ジェトロ・バンコク事務所(担当:瀧山)
Tel:+66-2-253-6441