1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展 2017 に出展 ‐アフリカを中心に開発途上国22カ国の参加を支援‐

FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展 2017 に出展 ‐アフリカを中心に開発途上国22カ国の参加を支援‐

2017年02月22日

ジェトロは、3月7日から10日に千葉県・幕張メッセにて開催されるアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2017(第42回国際食品・飲料展)」(以下、FOODEX)に「WORLD FOOD MARKET」をテーマとするジェトロ・ゾーンを設置します。

ジェトロは、1997年にFOODEXへ初めて出展して以来、20年間でのべ100カ国、約1,400社の出展を支援してきました。アフリカをはじめとする開発途上国企業の日本市場参入をサポートし、これらの国々の食品産業育成を応援しています。また、わが国食品バイヤーの皆様には、新たな食材を発掘し、輸入食材の調達先を拡充する場として、ご活用いただいています。

1. 今回の見どころ

ジェトロ・ゾーンの出展者22カ国38社のうち、8カ国20社がアフリカ諸国からの出展です。2016年8月にケニアで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)を契機としてアフリカへの注目が高まる中、TICAD Ⅵフォローアップの一環として本事業を実施し、アフリカ諸国の食品産業育成に貢献します。
また、21回目を迎える今回は、イラクとウクライナの企業が初めてジェトロ・ゾーンに参加します。イラクの出展者はデーツ(ナツメヤシの実)を使った菓子やシロップ等を、また、養蜂大国ウクライナからは特産品のハチミツに加えて、大手食品メーカーのべレスグループ(Veres Group)が自社農場で採れた食材を使った加工食品(野菜のスプレッド、ジャム等)を出品します。

2. 各国のハチミツとスパイスにも注目

例年、ジェトロ・ゾーンでは、日本の食卓に浸透しているナッツやカカオ、ハチミツといった食材から、未だ見かけることの少ない珍しい穀類や原料まで、世界各地の食品や飲料を幅広く紹介しています。
今回は、7カ国から出品された様々なフレーバーのハチミツ、アフリカ諸国(レソト、コモロ、マダガスカル)から集めたスパイスやハーブにご注目ください。


写真:FOODEX JAPAN 2016 ジェトロ・ゾーン


FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展2017 概要

名称:
FOODEX JAPAN/国際食品飲料展2017
日時:
2017年3月7日(火曜)~10日(金曜)
場所:
幕張メッセ
展示規模:
3,250社/3,800ブース(予定)

ジェトロ・ゾーン概要

主催:
ジェトロ
出展ホール:
幕張メッセ内ホール5-5A02
出展企業:
22カ国38社(添付資料参照)
出展規模:
44小間
支援内容:
  • 標準ブースの提供
  • 輸送・通関サービス(アフリカ、初出展の後発開発途上国のみ)
  • 日・仏・西・露の通訳配置(2社に1名)
  • 食品業界の専門家による会期中のコンサルテーション
  • ビザ発給サポート

ジェトロ展示事業課(担当:石原、川崎)
Tel:03-3582-5242 E-mail:faa-foodex@jetro.go.jp