1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. デザイン製品商談会「CONNOISSEUR TOKYO 2017」に全国から80社が参加

デザイン製品商談会「CONNOISSEUR TOKYO 2017」に全国から80社が参加

2017年10月19日

有力外国人バイヤーの目利きによりセレクトされた日本各地のキラリと光る製品が海外進出を目指し集結

ジェトロが、デザイン製品を扱う8カ国・地域の有名ライフスタイルショップ、セレクトショップ、ミュージアムショップなど9社のバイヤーを招へいし実施するデザイン製品商談会「CONNOISSEUR TOKYO(コノシール(※)・トウキョウ) 2017」(実施日:10月25日、26日)に、北海道から沖縄までの80社が参加、「日本で作られたキラリと光るモノたち」をプレゼンテーションします。
※CONNOISSEUR(コノシール):仏語で「目利き」の意。

「コノシール・トウキョウ」の実施目的は、日本の良いものを海外に広めることです。今回は、米国、英国、ドイツ、ノルウェー、ベルギー、フランス、香港、台湾からバイヤーが参加、自社で取り扱いたいと考える日本ならではの素材、ものづくり技術で生み出された「+α」の魅力を持つ製品を選定します。
参加する日本企業80社は、応募160社の中から、上記バイヤーのファースト・セレクションを通過した企業で、出展品はステーショナリー、テーブルウェア、ファッション雑貨など幅広い製品です。出展各社は、今回アドバイザーとした迎えたアート・プロデューサー生駒芳子氏による商品PR方法などを参考に、より効果的な商談を実施することで、自社製品の海外展開を目指します。

コノシール・トウキョウ2017 商談会 概要

商談会名
:CONNOISSEUR TOKYO(コノシール・トウキョウ)2017
開催日時
:10月25日(水曜)、26日(木曜)各9時00分~18時10分 午前、午後の入替制。4スロット(25日午前・午後、26日午前・午後)で20社ずつ海外バイヤーと商談を実施。
参加バイヤー
:8カ国・地域の9社
参加日本企業
:80社(25日午前20社、午後20社、26日午前20社、午後20社)
会場
:ジェトロ本部5階展示場
主催
:ジェトロ

海外の有名ライフスタイルショップ、セレクトショップ、ミュージアムショップのバイヤーがセレクション:

次の有力バイヤーが来日。出展商品のセレクションも行いました。

米国
Brooklyn Museum:Mr.Chad Philips、Canoe, Inc.:Mr. Craig Olson
英国
TATE ENTERPRISES LTD. :Ms. Rosemary Blackmore
ドイツ
Vitra Design Museum GmbH / Vitra:Ms. Katja Stefanie Havlitschek
ノルウェー
Astrup Fearnley Museet:Ms. Véronique Svarstad
ベルギー
MOOD DESIGN BVBA:Mr. Christophe Verbeke
フランス
Smallable:Ms. Brun Jennifer
香港
Midway Studio Ltd:Mr. Man Pan Tang
台湾
FUJIN TREE GROUP:Mr. Tasuku Koji

海外バイヤーとアート・プロデューサー生駒芳子氏によるパネルディスカッション:

商談会の翌日27日(金曜)に海外バイヤーを一堂に会したパネルディスカッションを国立新美術館3階講堂で実施。モデレーターを生駒芳子氏が務め、各国のトレンド、マーケット、日本製品の魅力など、世界を視野に入れたものづくりのあり方を考えます。

コノシール・トウキョウ2017 パネルディスカッション 概要

開催日時
:10月27日(金曜)13時30分~16時30分
モデレーター
:生駒芳子氏
パネラー
:海外バイヤー9名
参加者数
:200名(予定)
会場
:国立新美術館 3階 講堂
主催
:ジェトロ

ジェトロ生活関連産業課 (担当:上原、大山)
Tel:03-3582-5015