1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. ロシア最大級の産業総合博覧会「イノプロム2017」 初のパートナーカントリーとして最大規模で出展

ロシア最大級の産業総合博覧会「イノプロム2017」 初のパートナーカントリーとして最大規模で出展

―出品企業の過半数は中小企業/日露経済協力(8項目の「協力プラン」)の一環―

2017年06月21日

ジェトロは、日本が初めてパートナーカントリーを務める「イノプロム2017」に最大規模(ロシアを除く)の168社・団体のジャパン・パビリオンを出展します。
「イノプロム」は、ロシア中部の工業都市、エカテリンブルグ市で開催されるロシア最大級の産業総合博覧会で、7月10日から13日の4日間にわたり開催されます。なお、出品企業のうち、過半数となる89社が中小企業です。

ジェトロは、経済産業省、外務省、農林水産省、一般社団法人ロシアNIS貿易会(以下、ROTOBO)と協力し、パートナーカントリー関連事業をオールジャパンの取り組みとして推進しています。ジャパン・パビリオンのみどころは、8項目の「協力プラン」のうち「ロシア産業の多様化促進と生産性向上」を背景に、課題解決に資する優れた製品や技術、サービス等を、来場するロシアの官民要人やビジネスパーソン等に対し、ジャパンブランドとして発信するところにあります。

パートナーカントリーは、大規模なビジネス・ミッション派遣、大型パビリオンの出展、官民要人が登壇するロシアとの二国間ビジネス・フォーラム、文化紹介イベントやレセプションの開催を通じて、ロシアとともに「イノプロム」を盛り上げ、リードする役割を担います。

昨年末に来日したプーチン大統領は、安倍首相との共同記者会見で「日本がパートナーカントリーとなることに感謝する」と言及しました。「パートナーカントリー・ジャパン」に対するロシア側の期待は高まっています。

イノプロム2017へのパートナーカントリーとしての出展は、日本企業にとって、ロシア産業の多様化や生産性向上に資する製品や技術、サービスを紹介し、ロシア市場を開拓するチャンスとなります。この日露のビジネス交流が、両国間の貿易・投資の発展、さらに経済関係の深化に向け大きなステップとなることが期待されます。

展示会概要

名称:
イノプロム2017(INNOPROM 2017)
会期:
2017年7月10日(月曜)~13日(木曜) 4日間
開催地:
ロシア・エカテリンブルグ
主催者:
ロシア連邦産業商務省、スヴェルドロフスク州政府
分野:
機械設備、部品、情報通信技術(ICT)、エネルギー、都市開発等
出品者:
25カ国、640社以上(予定)
ロシア、日本、ドイツ、イタリア、韓国、インドなどから出品

(2016年実績:17カ国・地域638社)
ロシア、日本、米国、オーストリア、中国、台湾、南アフリカ、ベラルーシ、ドイツ、チェコ、スウェーデン、フィンランド、ベルギー、アラブ首長国連邦、インド、ポーランド、イタリア

来場者:
4万8,000人(2016年実績)
うち約3分の2はビジネス関係者、他は一般来場者
パートナーカントリー:
  • 期待される役割
    大規模なビジネス・ミッション派遣、大型ナショナル・パビリオンの出品、ロシアとの二国間ビジネス・フォーラム共催、その他各種ビジネスイベント開催、文化紹介イベント、レセプション等の主催
  • 選定国
    中国(2015年)、インド(2016年)、日本(2017年)、韓国(2018年、予定)
  • 日本の「パートナーカントリー」関係機関
    経済産業省、外務省、農林水産省、ROTOBO、ジェトロ

(イノプロムロゴ)

(パートナーカントリーロゴ)

ジャパン・パビリオン概要

主催者:
ジェトロ
開催規模:
約4,000平方メートル
出品者:
168社・機関
うち企業143(大35、中堅19、中小89)、団体22、地方自治体2、政府機関1
※2017年6月21日時点。変更の可能性あり。グループ出展のメンバー企業・機関を含む。
出品分野:
工作機械、産業用ロボット、輸送機器、その他産業機械全般、食品、飲料、消費財、観光 等

ジャパン・パビリオン(イメージ)

特徴:
  • 8項目の「協力プラン」具体化の一環で、パートナーカントリーとして168社・機関、約4,000平方メートルのジャパン・パビリオンを初出展。
  • 出品企業のうち、過半数(89社)が中小企業。
  • ロシア産業の多様化促進と生産性向上に資する日本の製品、技術、サービスが一堂に集結。
  • 工作機械や産業用ロボットといった製造分野に限らず、環境・エネルギー、インフラ、宇宙、さらにはバーチャルリアリティー(VR)や人工知能(AI)、植物工場など幅広い領域に加え、食や観光など日本の魅力を発信。
  • 潜在顧客だけでなくサプライヤー発掘を希望する日本企業のブースあり。

ジェトロ展示事業課(担当:高野、川崎)
Tel:03-3582-5242
E-mail:faa5@jetro.go.jp