1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. ジェトロと国税庁が英国で初めて日本産酒類に特化したプロモーションを実施

ジェトロと国税庁が英国で初めて日本産酒類に特化したプロモーションを実施

非日系市場開拓を目的に、付加価値の高い日本産酒類をワイン流通関係者等に売り込み

2017年06月29日

ジェトロと国税庁は、英国・ロンドンで行われる世界的なワインコンペティションであるInternational Wine Challenge(以下、IWC)2017の授賞式に合わせて開催される日本の食や文化をテーマとする展示会「WABI(和美)」に、国内酒類関連企業13社(日本酒8社、ワイン1社、リキュール1社、流通3社)からなるプロモーションブースを初めて設置します。

プロモーションブースでは、IWCで2007年に創設された日本酒を対象とするSAKE部門のトロフィー受賞酒、蒸留酒の国際コンペティションInternational Spirits Challenge(以下、ISC)の金賞受賞酒など海外で高く評価された酒類などを出品します。加えて日本国内で高い評価を得ている各地の地酒、日本固有の「甲州種」による甲州ワインなど付加価値の高い日本産酒類を、海外のワイン流通関係者などに売り込むことで、日本食レストラン・小売店はもちろん、西洋料理レストランなど非日系市場の開拓を目指します。

概要

「WABI(和美)」

日時:
2017年7月7日(金曜)~8日(土曜)
  • ビジネス向け:7月7日(金曜)12時00分~16時30分
  • 一般消費者向け:7月7日(金曜)17時30分~21時30分、7月8日(土曜)11時00分~20時00分(15時00分~16時00分除く)
場所:
英国・ロンドン「リンドリーホール」(LINDLEY HALL)
主催:
William Reed Business Media Ltd.
規模:
約800平方メートル
対象:
日本食品・飲料(酒類含む)、文化紹介 等

日本産酒類プロモーションブース

主催:
国税庁、ジェトロ
規模:
72平方メートル
  1. 企業ブース:52平方メートル(4平方メートル(2メートル×2メートル) /小間×13小間)
  2. 広報ブース:20平方メートル(国税庁PRブース、受付等)
出展者:
13社(日本酒、ワイン、リキュール、流通等)
品目:
日本産酒類(日本酒、ワイン、リキュール等)

今回の取り組みのポイント

  1. 国税庁とジェトロによる英国で初めての日本産酒類に特化したプロモーション:

    ジェトロは、これまでも英国で高級食材見本市Speciality & Fine Food Fairに酒類を含む日本食品を出展していましたが、今回、国税庁とともに初めて日本産酒類に特化したプロモーションを「WABI(和美)」の中で行います。英国の日本からのアルコール飲料の輸入額は、農林水産物・食品輸入品目中で第2位となっています。中でも日本酒については、2016年の対英国輸出額は3.2億円で、全輸出国の中で第9位、欧州では最大の輸出先です。また、前年比で24%増と上位10カ国の中で最も高い伸び率です。世界のワイン取引の中心であり欧州並びに世界への情報発信地でもある英国において、日本産酒類の認知度向上と販路拡大を目指します。

  2. 付加価値の高い特徴ある日本産酒類を提案:

    出展者の中には、IWC2017のSAKE部門におけるトロフィー受賞蔵や、ISC2016のリキュール部門金賞受賞企業など海外のコンペティションで受賞歴のある企業が多数出展します。また、世界初の日本酒専用樽容器「KeyKeg」により開封後約1カ月は品質の劣化なく提供可能な生酒や、日本固有の「甲州種」を原料とする甲州ワインなど、日本各地から付加価値の高い特徴ある日本産酒類を提案します。

  3. 現地のワイン流通関係者やレストラン関係者などに売り込み、非日系市場を開拓:

    海外における日本食ブームを背景に日本酒の輸出は順調に伸びていますが、さらなる需要喚起のためには世界各国の現地レストランなど非日系市場への浸透が課題となっています。「WABI(和美)」の主催者であるWilliam Reed Business Media Ltd.(以下、ウィリアム・リード社)は、IWCの主催者であるとともに、注目すべき世界のレストランを表彰する「The World's 50 Best Restaurants」の主催者でもあり、英国内外のワイン関係者、レストラン関係者、メディア関係者と幅広いネットワークを有します。同社が、7月6日の夜にロンドンで開催するIWC授賞式では、優れたワインの流通事業者を表彰する「Merchant Awards」の表彰も行われるため、英国内外からワイン関係者、メディア関係者がロンドンに集まります。
    ウィリアム・リード社では、IWCにSAKE部門を設立後10年が経過し、同部門の更なる発展も視野に入れ、日本酒を中心とする酒類や日本食、日本文化を紹介する「WABI(和美)」を初めて開催します。IWC授賞式に合わせて開催することにより、授賞式に参加するワイン関係者、メディア関係者をWABIに誘致することから、国税庁とジェトロではこの機会を捉えて日本産酒類のプロモーションを集中的に行い、非日系市場の開拓を目指します。

  4. 日本酒と現地料理とのペアリングなど日本酒の魅力や特徴を紹介:

    非日系市場を開拓する上では、世界各国の現地料理にあった日本産酒類を提案する事が重要です。会期中、展示会場内にて、英国ソムリエ協会のジェネラル・マネージャーによる現地料理と日本酒のペアリングについてのセミナーを開催し、日本酒の魅力や特徴を情報発信します。また、広報ブースでは日本産酒類の地理的表示制度などについても情報発信します。

    セミナー概要

    主催:
    国税庁、ジェトロ
    日時:
    2017年7月7日(金曜) 13時00分~13時30分
    場所:
    WABI会場内セミナー会場
    テーマ:
    日本酒とのペアリングについて
    講師:
    Ms. Federica Zanghirella, GM, 英国ソムリエ協会(UK SOMMELIER ASSOCIATION

ジェトロ加工食品・酒類支援課 (担当:濱田、内田、石田)
Tel:03-3582-8350