1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. ベトナム投資カンファレンスを開催 ―36案件、総額210億米ドルの投資覚書等を交換―

ベトナム投資カンファレンスを開催 ―36案件、総額210億米ドルの投資覚書等を交換―

2017年06月06日

ジェトロは6月5日(月曜)、ベトナム社会主義共和国グエン・スアン・フック首相の訪日機会を捉え、ベトナム計画投資省との共催により、「ベトナム投資カンファレンス」を開催しました。

カンファレンスにおいては、フック首相から、ベトナムの投資環境の魅力や、経済統合、産業発展に向けたビジョンなどが紹介され、日本企業のベトナム進出拡大への強い期待が述べられました。また、カンファレンス中で行われたパネルディスカッションにおいては、フック首相、グエン・チー・ズン計画投資大臣、チャン・トアン・アイン商工大臣、ならびに日本企業の代表により、裾野産業の育成、サービス産業の規制緩和などベトナムの事業環境上の課題とその対応状況、産業・通商政策に関して、意見交換が行われました。フック首相からは、ビジネス阻害要因と指摘された各種行政手続きの改善や、広域FTAの積極的な推進に関して、力強いコミットメントが示されました。

カンファレンス第2部の閉会セレモニーでは、安倍晋三内閣総理大臣が、「広範な戦略的パートナーシップ」の下、日越両国があらゆる分野の協力関係を強化すること、また、フック首相と手を携えて両国の経済関係を一層力強く発展させることを約束しました。

なお、今回のカンファレンスにおいて、新たにベトナムへ投資する案件に対する投資許可書の交付(3件)、ならびに日本企業による投資案件の覚書等の交換(33件)が行われました。これらの投資計画の総投資額は210億米ドルに及ぶものとなっています。(添付資料参照)

今回のカンファレンスは、これまでのベトナムの投資セミナーで最大のものとなり、日越双方の参加者総数1500名、また、併催したビジネス交流会においても日越双方の企業関係者等による商談が活発に行われるなど、今後の両国間のビジネスの飛躍的な拡大が期待されるものとなりました。

ジェトロとしましても今回のカンファレンスの機会を通じて、日越双方の投資拡大など一層の経済関係の強化に努めてまいります。

ジェトロ企画部(担当:伊藤、上野)
Tel:03-3582-5196