1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. 「Gulfood 2017」に向けて中東への農林水産物・食品の輸出促進を集中展開します

「Gulfood 2017」に向けて中東への農林水産物・食品の輸出促進を集中展開します

2017年01月10日

ジェトロは、昨年から2017年2月開催予定の中東最大の食品見本市「Gulfood(ガルフード)2017」に向けて、中東への農林水産物・食品の輸出促進を集中的に展開しています。

アラブ首長国連邦(UAE)では、日本産品の品質や和食の健康食としての魅力に関心が高まっており、日本からの農林水産物・食品の輸出は75億円(2015年)に上りました。世界のあらゆる高級品が集うドバイにおいて、多くの日本食レストランが腕のよい料理人と日本産食材を取り揃え、高所得層や各国から訪れるビジネスパーソンから高い評価を獲得しており、そうした場に集うことがステータスにさえなっています。

ジェトロは、こうした実績を土台に、アラブ首長国連邦におけるさらなる輸出拡大と、他の中東諸国への浸透を図るため、ドバイで開催予定の中東最大の食品見本市「Gulfood2017」においてより多くの商談成立に結びつけることを目標に、昨年から中東各国で需要開拓イベントを開催しています。

2016年6月には、カタール・ドーハで福島県会津米の市場調査を、またドバイで商談会を実施しました。11月にはサウジアラビア・リヤドで現地バイヤーを招いた商談会を、またトルコ・イスタンブールでイスラム色の強い新興企業で構成されている独立工業・企業家協会(MUSIAD)が2年に1度主催する総合展示会「Musiad Expo」に日本ブースを設けました。

これらに加え、2月の「Gulfood2017」の開催前には、日本食により体調改善を実体験した外国人料理研究家による和食の健康性をアピールする講演会及び日本の誇る和牛の各部位を丸ごと使用する料理の方法や和牛肉のカットの方法など、和牛の美味しさを広める調理実演・試食会の開催を予定しており、各国のイベントで感じた手応えを具体的な成果につなげるための後押しをします。

ジェトロ農林水産・食品課(担当:飯田)
Tel:03-3582-4954