1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2017年
  5. 日ASEAN新産業実証事業(第1回募集)において6件を採択

日ASEAN新産業実証事業(第1回募集)において6件を採択

指先血による血液検証サービス、IoTデバイスを活用したオートファイナンス・システムなど多岐分野を採択

2017年06月28日

ジェトロは、イノベーション分野においてASEANにおける日本企業と現地企業との国境を超えたビジネス連携による新産業創出を通し、日本の中堅・中小企業等の海外市場獲得の支援を目的とする「日ASEAN新産業実証事業」で6件の事業を採択しました。採用した6件の分野はIoT、Fintech及びヘルスケア等多岐にわたります。内容は、先進性・新規性のある技術あるいはサービスを用いてASEAN企業等と協働し、ASEAN各国の抱える社会的課題の解決やビジネス環境の改善等を目指すものです。

日ASEAN経済産業協力委員会(AMEICC)及び一般財団法人海外人材育成協会(HIDA)からの受託事業として実施する「日ASEAN新産業実証事業」は、2019年3月までに計15件程度、予算総額約12億円の規模で実施するものです。第1回目の募集(期間:本年2月から4月)に29件の応募があり、このたび6件の案件採択を決定しました。採択は、技術・サービスの先進性・成長性、波及的効果や実現可能性などの観点での書類審査、プレゼンテーション審査により決定しました。今後は、実証を通し技術・サービスの有用性を検証するとともにその課題や問題点を洗い出し、得られたデータや情報を基に事業展開を行う際に活用する計画です。また、それぞれの案件が目指す行政手続きの簡素化、雇用の創出及び予防医学の普及等の波及的効果も期待されます。

なお、実証による成果や課題等は、日本がASEANにおける新産業分野のルール形成を先導するための産業界の声として、ASEAN側への提言(今後の日ASEAN企業のビジネス連携の方向性、規制改革、共通ルール形成など)等に活用します。

本実証事業の第2回目の募集は、本年8月下旬を予定しています。
公募要領等は、ジェトロの調達情報ページにて発表します。

ジェトロ途上国ビジネス開発課(担当:佐藤)
Tel:03-3582-5170
E-mail:BDC@jetro.go.jp