日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)初代事務局長に大泉裕樹氏が就任 ‐日本産食品のブランディング・プロモーション事業を牽引‐

2017年05月31日

農林水産物・食品のブランディングやプロモーションを担う新たな組織としてジェトロに4月1日に設置された「日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO/センター長:小林栄三(伊藤忠商事株式会社会長、一般社団法人日本貿易会会長))」の初代事務局長に、大泉裕樹(おおいずみ ひろき)氏が6月1日付けで就任します。

大泉氏は、これまで味の素株式会社、ジョンソン株式会社、株式会社LIXILにて国内外マーケティングを担当する要職を歴任、その豊富な経験を活かし、強力なリーダーシップを発揮いただけるものと期待しています。

大泉氏の指揮のもと、JFOODOは海外消費者向けのブランディングやプロモーションなど需要を喚起する事業を強化・拡大し、日本の農林水産物・食品の輸出拡大への貢献をめざします。

大泉 裕樹(おおいずみ ひろき) 略歴

1963年山形県生まれ(54歳)
1987年早稲田大学卒業後、味の素(株)へ入社。本社にて10年以上に亘る国内外のマーケティング業務従事を経てブラジル・サンパウロの現地法人にてラテンアメリカ地域のマーケティングを担当。その後、ジョンソン(株)マーケティングディレクター、(株)LIXILグローバルマーケティング担当執行役員などを歴任。
2017年6月1日「日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)」事務局長就任。

 

(参考)日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)について

日本語名称:
日本食品海外プロモーションセンター
英語名称:
The Japan Food Product Overseas Promotion Center
略称:
JFOODO(ジェイフードー)
本部:
東京都港区赤坂1丁目12-32 アーク森ビル内

日本食品海外プロモーションセンター(担当:中村、平本)
Tel:03-3582-8344