1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. 2017年
  5. 都内で「フィリピン経済ブリーフィング2017」を開催

都内で「フィリピン経済ブリーフィング2017」を開催

2017年9月

ジェトロは9月26日、フィリピンから同国の閣僚等が来日する機会をとらえ、都内で「フィリピン経済ブリーフィング2017」を開催しました。駐日フィリピン共和国大使館、国際機関・日本アセアンセンター、日比経済委員会、野村ホールディングスと共催した本セミナーでは、メディアルディア官房長官やドミンゲス財務大臣をはじめとするフィリピンの閣僚や政府機関トップが多数登壇し、投資先としてのフィリピンの魅力について400名弱の聴衆にアピールしました。またフィリピン経済の最新動向、税制改革や規制緩和の見通しについて、フィリピンを代表する企業グループの幹部や日本側有識者も加わり、意見交換を行いました。

大規模なインフラ整備と経済改革で経済成長持続を

本催しの開会挨拶に立った日比経済委員会代表世話人の朝田照男氏(丸紅会長)は、「日本企業としては、ドゥテルテ政権の経済政策によってフィリピン経済がさらなる成長を遂げることを期待しており、官民挙げてこれに協力していきたい」と述べました。またラウレル駐日フィリピン大使は、「2022年までに上位中所得国入りを目指すフィリピンにはビジネスチャンスが豊富にある」として、同国への投資を呼びかけました。

第1部では、フィリピンのカルロス・ドミンゲス財務大臣、ベンジャミン・ディオクノ予算管理大臣、アーネスト・ペルニヤ国家経済開発庁長官、ネスター・エスペニラ中央銀行総裁が登壇し、「好調な経済の下、財政・金融ともにフィリピンは健全な状態にあること」と強調しました。SMインベストメンツのテレシタ・シー・コソン副会長、ジェトロ佐藤理事を交えて引き続き行われたパネル・ディスカッションでは、「外資参入の規制緩和を通じた投資環境のさらなる改善、持続的な発展に資する税制改革を迅速に進める」との、フィリピンが目指す方向性が示されました。

第2部では、フィリピンのアーサー・トゥガデ運輸大臣、マーク・ビリヤール公共事業道路大臣、ヴィヴェンシオ・ディゾン基地転換開発公社CEOが登壇し、経済政策の中核をなす大規模なインフラ整備計画「ビルド、ビルド、ビルド」により、長い間低水準だったフィリピン政府のインフラ関連支出が、2022年にはGDP比7.3%まで増加する見通しであることが紹介されました。また、これにより同国における鉄道の総延長距離が現在の77kmから2022年末までには1,900kmになるほか、道路網整備や地方都市開発を通じ、首都圏に集中する経済活動が地方に分散されるとしました。その後行われた、メディアルディア官房長官、GTキャピタルのアルフレッド・ティ副会長、三菱商事の天野善夫氏を交えたパネル・ディスカッションでは、「持続的なフィリピン経済の成長にはインフラが不可欠であり、上記計画の確実な実行が重要」との認識が共有されました。

本催しの閉会挨拶に立った日本アセアンセンターの藤田 正孝 事務総長は、「2050年代半ばまで人口ボーナスが続くフィリピンでは、大規模なインフラ投資や規制緩和が重要であるが、インフラ整備は政府支出だけでは不十分であり、民間投資を促す方策が望まれる」と述べました。

会場全景

第1部(パネルディスカッション)

第2部(パネルディスカッション)

「フィリピン経済ブリーフィング2017」概要

開催日時 2017年9月26日(火曜) 9時30分~12時00分
会場 コンラッド東京 アネックス2階「風波」
主催 駐日フィリピン共和国大使館、国際機関日本アセアンセンター、日比経済委員会、ジェトロ、野村ホールディングス株式会社
参加者数 約380名(日本企業、フィリピン及び日本の政府機関、プレス等)
内容 The Rising Philippine Economy: Powering Gains with Global Partners through Shared Goals
  • 開会の辞
    日比経済委員会 代表世話人 朝田 照男 氏(丸紅株式会社 取締役会長)
  • 歓迎挨拶
    ホセ・ラウレル 駐日フィリピン共和国特命全権大使
  • 第1部
    The Philippine Economic Growth Story
    (講演)
    カルロス・ドミンゲス 財務大臣
    アーネスト・ペルニヤ 国家経済開発庁長官
    ベンジャミン・ディオクノ 予算管理大臣
    ネスター・エスペニラ 中央銀行総裁
    (パネルディスカッション)
    パネリスト:ドミンゲス財務大臣、ペルニヤ国家経済開発庁長官、ディオクノ予算管理大臣、エスペニラ中央銀行総裁、テレシタ・シー・コソン SMインベストメンツ副会長、佐藤 百合ジェトロ理事、
    モデレーター:野村シンガポール ユーベン・パラクエレス 氏
  • 第2部
    Build Build Build: The Philippine Golden Age of Infrastructure
    (講演)
    アーサー・トゥガデ 運輸大臣
    マーク・ビリヤール 公共事業道路大臣
    ヴィヴェンシオ・ディゾン 基地転換開発公社CEO
    (パネルディスカッション)
    パネリスト:トゥガデ運輸大臣、ビリヤール公共事業道路大臣、メディアルディア官房長官、ディゾン基地転換開発公社CEO、アルフレッド・ティ GT キャピタル副会長兼トヨタモーターフィリピン副会長、三菱商事株式会社 地球環境・インフラ事業グループ付 特命担当 天野善夫 氏
    モデレーター:野村シンガポール ユーベン・パラクエレス 氏
  • 閉会の辞
    日本アセアンセンター 事務総長 藤田 正孝 氏