1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. 2015年
  5. UAE経済大臣来日記念「日本・アラブ首長国連邦(UAE)ビジネスフォーラム」を開催

UAE経済大臣来日記念「日本・アラブ首長国連邦(UAE)ビジネスフォーラム」を開催

2015年9月

ジェトロは9月29日、アラブ首長国連邦(UAE)からマンスーリー経済大臣ほかよりなる約50名のビジネスミッションが来日した機会を捉え、ジェトロ本部5階展示場において、UAE経済省とともに「日本・アラブ首長国連邦(UAE)ビジネスフォーラム」を開催しました。本フォーラムには、製造業・金融・商社などの企業および関係機関から、147名の参加者がありました。

フォーラム冒頭の挨拶に立ったジェトロの石毛理事長は、リーマンショックを始めとする数々の経済危機の荒波を乗り越えたUAEは、経済回復力の早さに加え、絶好調の観光産業や2020年にドバイで開催予定の国際博覧会もあることから、ジェトロとしても同国で開催される各種展示会への出展支援、同国向けミッション派遣、同国ビジネス情報の日本企業への提供など、同国に関連する各種事業の実施に力を入れていると述べました。

来賓挨拶に立った伊藤伸彰・経済産業省通商政策局審議官は、日本とUAEの両国がかねてからエネルギーを中心とした強力な友好的な二国間経済関係を継続していることに言及した上で、近年はエネルギー分野にとどまらず、ドバイ・メトロを始めとする様々なプロジェクトを通じて、日本との経済的な結びつきが強まっていると述べました。またUAEにおける日本商品の人気の高さに触れ、こうした現象に象徴される良好な二国間ビジネス関係を、日本政府としても強く後押ししたい旨、表明しました。

UAEのマンスーリー経済大臣は基調講演の中で、UAE経済の現況を紹介した上で、同国政府が取り組む産業の多角化に関し、建国50周年にあたり2021年までに、同国経済に占める原油部門の割合を20%以下に、そして、その実現に向け、外国企業による投資環境指標ランキングでの同国の順位を、2~3年以内に現在の世界第12位から第10位以内に引き上げたい、と目標を示しました。また、産業多角化政策を担う中小企業育成政策に関し、日本企業のさらなる投資および技術移転の促進に期待する旨、表明しました。

photo

石毛理事長とマンスーリー経済大臣一行

photo

MOU締結式

続く第二部では、UAE経済省のモハメッド・ナセル・アル・ザビィ貿易促進局長から同国の経済概況と投資環境についての紹介があり、今後のビジネス交流の促進に期待する旨発言がありました。三菱商事株式会社の𠮷川 惠章 氏は、UAE進出日本企業を代表してUAEの魅力を紹介、同国戦略的な地政学的な位置と整備されたインフラに触れた上で、良好な治安状態を始めとする基本的な生活環境の良さが同国経済の基盤を支えていると述べました。また、因幡電機産業株式会社の梁川 英博 氏はUAEをベースとする中東ビジネスを展望し、現地拠点を通じた緊密な情報交換による信頼関係構築が、アラブ地域でのビジネスには肝要であると語りました。

締めくくりのネットワーキング・イベントでは、両国の参加者の間で活発なビジネス交流が行われました。

photo

モハメッド・ナセル・アル=ザヴィ氏の講演

photo

ビジネスネットワーキングイベント

日時 2015年9月29日(火曜)13時30分-17時30分
会場 日本貿易振興機構(ジェトロ)5階展示場
主催 日本貿易振興機構(ジェトロ)、アラブ首長国連邦(UAE)経済省
登壇者
  • ジェトロ 石毛 博行 理事長
  • 経済産業省伊藤 伸彰 通商政策局 審議官
  • アラブ首長国連邦 スルターン・ビンサイード・アル=マンスーリー 経済大臣
  • アラブ首長国連邦 モハメッド・ナセル・アル=ザビィ 貿易促進局 局長
  • 三菱商事株式会社 常務執行役員 中東・中央アジア統括ドバイ日本商工会議所 会頭 𠮷川 惠章 氏
  • 因幡電機産業株式会社 電設西日本事業部 海外営業部長 梁川 英博 氏