1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. 2015年
  5. 「日本・太平洋諸島経済フォーラム」開催

「日本・太平洋諸島経済フォーラム」開催

2015年5月

「第7回太平洋・島サミット」の開催に合わせ、ジェトロと一般社団法人・太平洋協会は、島嶼国首脳とわが国経済界との直接交流の場を提供することを目的とする「日本・太平洋諸島経済フォーラム」を、太平洋島嶼国13ヵ国首脳を迎えて開催しました。

「パシフィック・フェスタ2015」(国際機関太平洋諸島センター=PIC主催)と共同で行われた同フォーラム開会式には、山際経済産業副大臣、中根外務大臣政務官を始めとする約120名が出席。主催者を代表して挨拶に立ったジェトロの石毛理事長は、わが国と太平洋島嶼国とのパートナーシップを一層強固なものとするために重要な役割を果たす貿易・投資の促進という分野において、ジェトロはPIC等と連携しつつ引き続き貢献するとともに、併せてビジネス・パートナーとしての両地域の協力関係強化にも貢献したい、と述べました。

石毛理事長とパラオ共和国レメンゲサウ大統領


開会式でのテープカット


日本・太平洋諸島経済フォーラム

太平洋島嶼国とのビジネス・パートナーシップに関心がある日本企業15社のトップが集まった同フォーラムでは、このうちの4社が、防災・環境などの観点からプレゼンテーションを行いました。島嶼国首脳からは、日本企業が提案する技術やそれらがもたらす効果について具体的な質問が出るなど、両地域の経済交流進展に向けた大きな一歩となりました。

フォーラムに続く「ネットワーキング・レセプション」でも、島嶼国首脳と日本企業との間での交流が行われるなど、終始友好的な雰囲気の中、フォーラムを終了しました。

なお、サミット閉幕時に採択された首脳宣言「福島・いわき宣言」では、フォーラムへの高い評価とともに、ジェトロとPICが協力して太平洋諸島地域の貿易投資促進を進めていくとの決意が表明されました。