1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジェトロ・トピックス 2014年
  5. 「ロンドン対日投資セミナー - A Regional Roadmap」を開催
ジェトロ・トピックス

「ロンドン対日投資セミナー - A Regional Roadmap」を開催

安倍総理が対日投資を力強く呼びかける

2014年5月

セミナー会場の様子

ジェトロは、2014年5月1日、英国・ロンドンで現地企業関係者を対象に、安倍総理大臣をはじめ、広島県、三重県、神戸市、福岡市の各首長が対日投資を呼びかけるトップセールスを実施しました。本セミナーには企業関係者など119名が参加し、英国企業の対日ビジネスおよび対日投資への関心の高さがうかがえました。

「日本をもっとフレンドリーに、投資家にとってエキサイティングに改革する」

対日投資セミナーで挨拶する安倍総理
(写真提供:内閣広報室)

安倍総理大臣は対日直接投資が成長戦略の重要な柱であること、2020年までに対日直接投資倍増を目指し、ジェトロ、在外公館等が総力を挙げて、対日投資をサポートすると伝えました。

また、その成長戦略のもと、政府主導による規制改革、法人税改革を進め、「日本の市場をもっとフレンドリーに投資家にとってエキサイティングに改革する」という力強いメッセージを発信し、対日投資への期待を表明しました。

4自治体首長が地域の魅力をアピール

広島県、三重県、神戸市、福岡市の各首長からは各地域の優位性、ビジネス環境及びインセンティブ情報等を紹介しました。

久元喜造・神戸市長は、神戸市が西日本の中心であり、240社以上の外国企業が立地する国際都市であること、並びに市が進める医療産業都市プロジェクトを紹介。高島宗一郎・福岡市長は、福岡市が古くから日本とアジアを結ぶ拠点として発展し、福岡都市圏の経済規模がバルセロナやローマより大きく、IT、デジタル産業等をはじめとするとサービス産業が盛んなこと等を紹介。鈴木英敬・三重県知事は、三重県が大阪や名古屋に近くビジネスに優位な立地であり、多様な産業集積が強みであること、また、湯崎英彦・広島県知事は、広島県が自動車、先端技術など日本有数の産業集積地であり、外国人に住みやすい県であること等、各首長はそれぞれの都市が投資に最適な地であることをPRしました。

英国企業から見た「対日ビジネス・投資」の魅力

質疑応答の様子

英国日本協会会長(前駐日英国大使)であるデビッド・ウォレン氏から、日本が世界第3位の市場であること、技術先進国かつ顧客の要求水準が高い日本市場は、英国企業にとっての成功のベンチマークであること、国際ビジネス戦略をもつ英企業であれば日本を真剣に考えない選択肢はなく、対日投資を強く支持したいとのコメントがありました。

対日ビジネス経験の豊富なビジネスリンクジャパン創設者兼CEO スティーブ・クレイン氏からは、日本はテキストから得られるステレオタイプとは全く異なり、日本人の性質が素晴らしいこと、日本でビジネスを続けるほど、この日本人の良さへの確信を深めることなどが披露されました。また、ジェトロやUKTIの協力を得ることで、資金、時間、リスクが回避できるため、サポートを利用すべきとの呼びかけもありました。

質疑応答も非常に活発に行われ、対日ビジネスへの理解を深め、投資先としての日本の魅力を存分に伝える場となりました。

ロンドン対日投資セミナー  概要
タイトル
ロンドン対日投資セミナー - A Regional Roadmap
日時
2014年5月1日(木曜)09:00~12:30
会場
Institute of Directors
主催
ジェトロ
共催
経済産業省、広島県、三重県、神戸市、福岡市
後援
在英国日本国大使館、在英日本商工会議所、The Japan Society、(財)自治体国際化協会、
日本政府観光局、英国貿易投資総省
来場者
約120名(英国企業・団体、日本企業・団体等)
プログラム概要
開会挨拶:有馬 純 ジェトロ・ロンドン所長
基調講演:石黒 憲彦 経済産業省経済産業審議官  プレゼン資料 (4.6MB)
講演:久元 喜造 神戸市長  プレゼン資料 (3.6MB)
講演:高島 宗一郎 福岡市長  プレゼン資料 (5.8MB)
ご挨拶:安倍 晋三 内閣総理大臣  挨拶 (130KB)
講演:デビッド・ウォレン 英国日本協会会長(前駐日英国大使)
講演:鈴木 英敬 三重県知事  プレゼン資料 (6.1MB)
講演:湯崎 英彦 広島県知事  プレゼン資料 (2.3MB)
講演:スティーブ・クレイン ビジネスリンクジャパン創設者兼CEO  プレゼン資料 (4.3MB)
閉会挨拶:横尾 英博 経済産業省 貿易経済協力局長  挨拶 (112KB)