1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジェトロ・トピックス 2014年
  5. トルコの投資促進機関と覚書(MOU)を締結
ジェトロ・トピックス

トルコの投資促進機関と覚書(MOU)を締結

2014年1月

2014年1月8日、ジェトロはトルコ共和国の首相府投資促進機関(ISPAT; Investment Support and Promotion Agency)との間で、わが国とトルコ間とのさらなるビジネス拡大に向けて、連携強化の覚書(MOU)を締結しました。

覚書文書は、東京で開催された「日本・トルコビジネス交流会」において、トルコのゼイベクチ経済大臣と赤羽経済産業副大臣の立会いの下、ジェトロの石毛理事長とISPATのアイジュ総裁により署名されました。

両機関の主な合意事項は以下の通りです。

  1. 両機関の活動、および両国間のビジネス成功事例に関する情報共有
  2. ビジネス・セミナー開催およびビジネス・ミッション派遣協力

トルコは、従来からEUとの関税同盟を背景として、欧州市場向け製造拠点と位置付けられ、わが国からも製造業を中心に企業が進出してきました。近年の傾向としては、中東・北アフリカおよび中央アジア・コーカサス地域までを商圏とすべく、トルコにハブ機能を置く外資企業も現れたほか、日本企業のビジネス形態も、現地企業の買収や合弁による製造拠点の設立、環境分野やサービス業といった新たな分野での参入も見られています。安倍首相は2013年中に二度に亘って同国を訪問、進出日本企業数も過去数年で急増し130社超に達するなど、わが国でも関心が高まっています。ジェトロとしても、今後とも両国のビジネス関係強化に努めてまいります。