1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジェトロ・トピックス 2013年
  5. 「日ASEAN40周年記念経済フォーラム」への協力と「アセアンフェア2013」開催
ジェトロ・トピックス

「日ASEAN40周年記念経済フォーラム」への協力と「アセアンフェア2013」開催

2013年12月

2013年12月15日(日曜)、日・ASEAN友好協力40周年記念事業の一環として、経済産業省主催による「日ASEAN40周年記念フォーラム」が、茂木経済産業相ほか、ASEAN7カ国の経済相、日ASEANのビジネス関係者が集って東京で開催され、ジェトロも協力しました。

日本ASEAN双方の経済交流をテーマとして、講演とパネル・ディスカッションで構成され、ビジネスリーダーや有識者を始めとする約400名の参加者で賑わった本フォーラムでは、ジェトロ石毛理事長が「更なる繁栄に向けて:日ASEANの双方向での貿易・投資促進」と題したパネルディスカッション1のモデレーターとして登壇しました。各パネリストからは、ASEAN域内の国境通関の迅速化、制度の透明化、食品輸入規制緩和、人の移動の自由化など、非関税障壁やサービス・投資分野の規制緩和の必要性を訴える意見が述べられたほか、日ASEANの相互認証制度構築や、わが国市場における自由競争環境整備が対日投資促進のために必要、などの声も上がりました。

石毛理事長によるモデレートの様子

パネルディスカッションの様子

「アセアンフェア2013」で日本企業の優れた技術・製品やジェトロのASEAN事業の取り組みを展示

フォーラムに併せ、隣接する会場でジェトロが経済産業省とともに開催した「アセアンフェア2013」では、ASEAN諸国とのビジネスに関心を有する日本企業の優れた技術・製品やジェトロのASEAN事業の取り組みを展示(総数40社)、ASEAN側も10か国の在日大使館がそれぞれ各国の投資環境などを日ASEAN閣僚・要人にアピールしました。約400名の来場者で賑わいを見せた会場では、茂木経済産業大臣、ASEAN5カ国の閣僚、ASEAN事務総長、フォーラムのスピーカーなどの要人が、日本食の試食から各ブース視察まで熱心に巡覧されました。

これらの事業を通じ、ジェトロは、ASEAN諸国との重層的な経済関係を築くとする日本政府の政策実現に貢献してまいります。

ラオス商工会議所副会頭が3D映像を体験

フェアにマレーシア大臣が視察

アセアン・フェア2013 概要
名称
アセアン・フェア2013
会期
2013年12月15日(日曜) 12:00 - 18:00
開催地
東京プリンスホテル サンフラワーホール
主催者
経済産業省、ジェトロ
共催
国際機関日本アセアンセンター(東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター)
後援
外務省
出展者

(1)アセアン諸国の情報提供ブース
10カ国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)の在京大使館が投資環境・ビジネス・観光情報、特産物を紹介。

(2)日本の情報提供ブース
-インフラ、先端技術、ヘルスケア、コンテンツ等において、アセアン市場に関心を寄せる日本企業の製品・技術を実機、パネル等で紹介。
-メロン、イチゴ、リンゴ、あんぽ柿の試食
-福島県ブース
-観光、産業観光

(3)ジェトロブース
ASEANキャラバン事業、日・タイビジネスパートナーシップについて商品サンプルとともに紹介