1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジェトロ・トピックス 2013年
  5. アジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会議を山梨で開催
ジェトロ・トピックス

アジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会議を山梨で開催

アジア地域の貿易投資交流の可能性を討議

2013年11月

2013年11月21、22の両日、ジェトロは、山梨県甲府市においてアジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会議を開催し、21カ国・地域の貿易振興機関から29名が参加しました。

会議全体風景

アジア地域の貿易振興を図ることを目的として、ジェトロ提唱により1987年に発足したATPFには、現在、24カ国・地域の貿易振興機関が加盟していますが、今回の事務レベル会議では、グローバル人材育成、地域間産業交流、自由貿易協定(FTA)などをテーマとして討議が行われました。また本会議に併せて展示産業委員会と投資部会も開催され、ATPFメンバーが相互協力しながら各国で開催する共同展示会、および投資誘致活動や今後の投資促進のための相互協力について議論されました。

会議終了後は、山梨県内の産業視察ツアーを実施し、ATPFメンバーに山梨県の魅力を紹介しました。

ジェトロ事務所を新設した山梨県で開催

ATPFメンバー関係者に日本の魅力を紹介するために、ジェトロは事務レベル会議の本会議を、毎年、地方都市で開催していますが、今回は、今年4月に山梨貿易情報センターを開設した甲府市で開催しました。

会議1日目の21日には、山梨県の横内知事が会議に参加、山梨の地場産品や産業・観光の魅力を紹介し、県産品の「印傳」の記念品を参加者全員に贈呈しました。

また同日夜に開催した交流会には、平出副知事や県内の企業・自治体の関係者、およびアジアからの留学生ら約50名が参加し、ATPFメンバーとの情報交換やネットワーク構築が活発に行われました。

山梨の企業・自治体関係者らとの交流会(「常磐ホテル」に於いて)(写真)平出副知事・上原ジェトロ山梨会長・会議参加者・関係者ら

横内知事(前列中央)がATPF会議に出席

自由貿易協定(FTA)について意見交換

今2013年3月にインド・アグラで開催されたATPFのCEO会議(※1)でFTAを取り上げたところ、複数の加盟機関から高い関心が示されたことを受け、今回の事務レベル会議でも初めてFTAセッションを設けました。

※1 ジェトロ・トピックス:アジア貿易振興フォーラム(ATPF)アグラCEO会議に参加(2013年3月)

同セッションでは、まずジェトロから、アジア域内のFTAの発効状況や利用状況について、情報共有のための説明を行いました。またオーストラリアや中国、タイ、カンボジアからの参加者から、各貿易振興機関によるFTAへの取り組みが紹介されました。この結果、FTAの利用促進に向けて、各国企業等に対しての啓蒙普及活動の重要性が認識されましたが、各貿易振興機関の取り組みについては、今後も議論が重ねられる予定です。

さらに、2012年4月のATPFバンコクCEO会議(※2)以来議論されている、各国企業のグローバル人材育成と地域間産業交流のためのマッチング支援についても、経験を踏まえた積極的な議論が展開されました。特に地域間産業交流については、前回、福岡で開催した事務レベル会議(※3)でジェトロが提案した試験的な枠組みに対して、効果が期待できると評価された一方で、さらに良いものにするための改善点等について議論されました。

※2 ジェトロ・トピックス:アジア貿易振興フォーラム(ATPF)に参加(2012年4月)
※3 ジェトロ・トピックス:九州でアジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会合開催(2012年12月)

産業視察ツアーの実施

会議終了後、会議参加者を対象とする山梨県の産業観光施設訪問と地域産品視察ツアーが実施されました。一行は県内のワイナリーと「ジュエリー・ミュージアム」を訪問し、山梨の地場産業であるワインと宝飾業について見聞を深めました。ジュエリー・ミュージアムでは、ストラップ製作を体験し、素敵なお土産となりました。また、富士山周辺を訪問し、地元産品を販売する大石公園、今年世界文化遺産に認定された富士山の5合目、富士ビジター・センターを回りました。各訪問先で、山梨県や各施設の担当者から、地場産品の海外展開や、観光資源を活用した産業振興の取組みについてのレクチャーを受けました。

視察ツアーの参加者からは「山梨の地場産品についてよく知ることができた」「山梨県の産業振興策について理解が深められた」との声が寄せられ、海外の貿易振興機関職員に山梨県の魅力と地場産品を紹介する良い機会となりました。

ジュエリー・ミュージアムで体験工房
(ストラップ作り)

ジュエリー・ミュージアムの視察

富士ビジター・センターで
「世界文化遺産登録と海外への広報」について受講

2014年にはモンゴル、2015年にはスリランカでCEO会議を開催

事務レベル会議は、ATPFのCEO会議(各メンバー機関のトップが一堂に会する会議で年1回開催)の準備会議に位置付けられます。2014年の春に事務レベル会議を日本で開催した後、モンゴル商工会議所(MNCCI)がホストとなり、ウランバートルで2014年9月にCEO会議が開催される予定です。また今回の事務レベル会議で、2015年のCEO会議がスリランカのコロンボで開催されることが決定しました。

アジア貿易振興フォーラム(ATPF)加盟機関一覧
オーストラリア貿易促進庁(AUSTRADE)
中国国際貿易促進委員会(CCPIT)
フィリピン国際貿易促進センター(CITEM)
インドネシア貿易省国家輸出振興総局(DGNED)
タイ商務省国際貿易振興局(DITP)
ミャンマー商業省貿易振興局(DTP)
バングラデシュ輸出振興庁(EPB)
ネパール商工会議所(FNCCI)
香港貿易発展局(HKTDC)
シンガポール国際企業庁(IE Singapore)
マカオ貿易投資促進局(IPIM)
インド貿易振興局(ITPO)
日本貿易振興機構(JETRO)
大韓貿易投資振興公社(KOTRA)
マレーシア貿易開発公社(MATRADE)
ブルネイ産業・一次資源省(MIPR)
モンゴル商工会議所(MNCCI)
ニュージーランド貿易振興公社(NZTE)
スリランカ輸出開発庁(SLEDB)
パキスタン貿易開発庁(TDAP)
カンボジア商業省貿易振興局(TPD)
ラオス貿易振興製品開発局(TPPD)
台北世界貿易センター(TWTC)
ベトナム貿易振興庁(VIETRADE)

第22回アジア貿易振興フォーラム(ATPF)作業部会 概要
主催・事務局
ジェトロ(アジア支援課)
日程
2013年11月21、22日
(産業視察ツアーは11月22、23日に実施)
場所
山梨県