ジェトロ・トピックス

中国「高齢者産業」セミナー開催

高齢化社会の現状と介護サービス産業への参入戦略

2013年6月

ジェトロは6月20日、「中国における高齢化社会の現状と介護サービス産業への参入戦略」と題するセミナーを、中国の高齢化社会の研究者や中国で事業を行う日本企業の代表を講師として、都内で開催しました。

不足する高齢者向けサービスと、日系企業の取り組み

セミナーでは、日本企業の中国進出を支援をするコンサルティング会社が中国における高齢化と高齢者産業の現状を、また上海市老齢科学研究中心が上海における高齢化の現状と対策を取り上げましたが、これらの報告により、行政による高齢化問題重要視、官民挙げての関連サービス充実への取り組みにもかかわらず、介護などの高齢者向けサービスはまだまだ不足している、という中国の現状が浮き彫りになりました。

また現地で老人ホーム・介護サービス、介護可能な家政婦紹介サービス、福祉用具販売卸事業などを展開する日系各企業からは、関連諸制度が未整備な中国においては、法律・政策に関する情報収集や行政部門とのコミュニケーションが重要である、といった話がありました。

関心高いビジネス・ノウハウ有する日本企業

中国における高齢化社会の深刻化についての情報には接し、自社ノウハウが現地で活用できるのではと漠然と考えていた日本企業は多いと思われますが、中国における高齢者向けビジネスに従事する当事者から直接話を聞く機会は多くないことは、本セミナーに定員を大きく上回る参加者があったことからも窺えました。

参加者からは、「高齢化社会を迎えた中国における関連産業の現状が分かった」「高齢者向け産業における彼我の相違が学べた」「日本の経験が生かせる分野をテーマとした、タイムリーなセミナーであった」「失敗例も含めた実体験に基づく話が参考になった」など、本セミナーを評価する声が多く寄せられました。

セミナー 概要
名称
中国高齢者産業セミナー
「中国における高齢化社会の現状と介護サービス産業への参入戦略」
日時
2013年6月20日(木曜)13時00分~17時30分
会場
ジェトロ5階展示場
主催
ジェトロ
後援
経済産業省
参加者数
214名
講演内容
  • 「中国における高齢化の現状と高齢者産業の動向」
    (株)国際マーケティングサービス 代表取締役 葉 健栄 氏
  • 「中国における高齢化サービス市場の現状・参入戦略」
    (株)コミュニティネット 代表取締役 高橋 英與 氏
  • 「上海の人口高齢化と養老(高齢者福祉)サービスの現状及び展望」
    上海市老齢科学研究中心 副主任 殷 志剛 氏
  • 「北京における訪問介護サービス事業の実践を通じわかった事」
    株式会社エス・エム・エス 北京子会社 総経理 坂梨 仁哉 氏
  • 「中国の高齢者用品市場の開拓」
    日医福利器具貿易 (上海)有限公司 董事 総経理 後藤 和史 氏