1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジェトロ・トピックス 2013年
  5. 国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」
ジェトロ・トピックス

国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」

アジア太平洋地域がめざすべき地域経済統合議論を巡って

2013年2月

2013年2月4日、ジェトロは国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」を、国際経済交流財団(JEF)との共催により、ジェトロ本部(東京)で開催しました。

アジア太平洋の11カ国・地域と国際機関から、FTA交渉担当者およびFTA研究の第一人者らが一堂に会した本シンポジウムでは、アジア太平洋地域がめざすべき地域経済統合のあり方について、3つのセッション毎のテーマに沿った議論がなされました。

畠山襄JEF会長による開会挨拶の後、佐々木伸彦経済産業審議官がわが国の通商政策上の課題について基調講演を行い、続くセッション1では「アジア太平洋地域における二国間あるいは地域FTAの現状」をテーマに議論が展開されました。またセッション2では、ジェトロの石毛博行理事長がパネリストとして参加し、「アジアのFTAを取り巻く政治経済環境の変化」と題する討論が、セッション3では「アジア太平洋地域FTAの将来的展望」と題する討論が行われました。

登壇者・参加者の間で東アジア地域包括的経済連携(RCEP)やTPP(環太平洋パートナーシップ)を巡って具体的かつ率直な意見交換が行われた本シンポジウムは、FTAの中身や地域経済統合の動きなどに対する参加者の理解を深めるという目的を果したと考えられます。

国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」 概要
テーマ
JEF−JETRO国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」
主催
ジェトロ、一般財団法人国際経済交流財団(JEF)
開催日
2013年2月4日(月曜)
開催場所
ジェトロ5階展示場ホール
参加者
131名
プログラム

開会挨拶
畠山襄 一般財団法人国際経済交流財団会長

基調講演
佐々木伸彦 経済産業審議官

セッション1
「アジア太平洋地域における二国間あるいは地域FTAの現状」 (パネル・ディスカッション)
<モデレータ>アンドリュー・エレック オーストラリア国立大学クロフォード公共政策大学院主任研究員
<パネリスト>西村英俊 ERIA事務総長、ジスマン・シマンジュンタク プラセティヤ・ムルヤ経営大学院経営学教授、日下一正 三菱電機株式会社顧問、ジャヤセナ・ジャヤシリ マレーシア国際貿易産業省多角的貿易政策交渉局局長、ゲイリー・ホーク ヴィクトリア大学ウェリントン校名誉教授

セッション2
「アジアのFTAを取り巻く政治経済環境の変化」 (パネル・ディスカッション)
<モデレータ>サイモン・SC・テイ シンガポール国際問題研究所 所長
<パネリスト>姚洋(ヤオ・ヤン) 北京大学国家発展研究院 院長、石毛博行 ジェトロ理事長、浦田秀次郎 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授、トマス・G・アキノ アジア太平洋大学調査情報研究所 所長

セッション3
「アジア太平洋地域FTAの将来的展望」 (パネル・ディスカッション)
<モデレータ>畠山襄 一般財団法人国際経済交流財団会長
<パネリスト>張蘊嶺(ジャン・ユンリン)中国社会科学院 会員、チョルス・キム 韓国貿易投資研究院 会長、マーク・シンクレア 駐日ニュージーランド大使、ハンク・リム シンガポール国際問題研究所 上席研究員、 ミニヨン・マンジュン・チャン 新興市場研究協会 常務理事、 カート・トン 在日米国大使館首席公使

閉会挨拶
石毛博行 ジェトロ理事長

関連情報
本セミナーの概要は通商弘報にも記事を掲載しています。ご参照ください。
アジア太平洋地域の広域FTAに高い関心−国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」(1)− (世界)
政治的対立による負の影響を懸念−国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」(2)− (世界)
TPPとRCEPの相互補完関係の構築がカギ−国際シンポジウム「アジアの成長戦略としてのFTA」(3)− (世界)
国際経済交流財団(JEF)ウェブサイトにて、当日の配布資料が掲載されています(英文)。
JEF's Activities:Asia-Pacific Forum外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます