1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジェトロ・トピックス 2012年
  5. 九州でアジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会合開催
ジェトロ・トピックス

九州でアジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会合開催

グローバル人材育成などについて討議

2012年12月

全体会議風景

ジェトロは、2012年12月11、12の両日、福岡においてアジア貿易振興フォーラム(ATPF)の事務レベル会合を開催し、22カ国・地域の貿易振興機関から34名が参加ました。

アジア地域の貿易促進を図ることを目的として、ジェトロが提唱して1987年に発足したATPFには、現在、23カ国・地域の貿易振興機関が加盟しています。

今回の事務レベル会合では、各機関の貿易振興に向けた取り組みを情報共有するとともに、ジェトロが提案した、中小企業の海外展開に向けたグローバル人材育成や地域間産業交流における連携、自然災害・経済危機などからの復興に向けた相互支援の枠組みなどについて討議しました。

新幹線と九州の魅力を体感

ATPFメンバー関係者に日本の魅力に触れていただくため、ジェトロはこの会合を地方都市で開催していますが、今回はアジアへの関係構築に積極的に取り組む九州地域での開催とし、福岡市内での会合の後、一行は熊本県を訪問しました(前回は仙台で2011年12月に開催し、震災からの復興状況をATPFメンバーにご覧いただきました)。

福岡で開催された交流会には、九州地域の企業や自治体の関係者ら約40名が参加、ATPFメンバーとの情報交換やネットワーク構築に努めました。

福岡での会議終了後、一行はJR九州の協力を得て最新の新幹線(新800系)に乗車し、熊本県に向かいました。乗車に先立ち、JR九州の青柳専務取締役より、新幹線の効果、車両の内装、沿線各地の地場産品を取り込んだ駅弁を始めとする鉄道ビジネスについて説明を受けた一行は、日本が世界に誇る新幹線について理解を深めました。

一行は、熊本県では蒲島知事を表敬訪問し、知事からはアジアの貿易振興機関との関係強化の重要性について発言がありました。

九州の企業・自治体関係者らとの交流会(国の有形文化財に登録された「博多百年蔵」に於いて)

最新の九州新幹線(内装に地元の素材を活用)、新800系に乗車

ATPFメンバーが熊本県の蒲島知事(前列中央)を表敬

2013年3月にはインドでCEO会議を開催

今回の会合は、ATPFのCEO会議(各メンバー機関のトップが一堂に会する会議で年1回開催)の準備会合に位置付けられますが、次回のCEO会議は、「国際市場の結合における貿易振興の新たなロードマップ」をテーマとし、インド貿易振興局をホストとしてインドのアグラで2013年3月に開催される予定です。

アジア貿易振興フォーラム(ATPF)事務レベル会合 概要
日程
2012年12月11、12日
場所
福岡(視察先として熊本県を訪問)
参加機関
オーストラリア貿易促進庁(AUSTRADE)
中国国際貿易促進委員会(CCPIT)
フィリピン国際貿易促進センター(CITEM)
インドネシア国家輸出振興総局(DGNED)
タイ商務省国際貿易振興局(DITP)
ネパール商工会議所(FNCCI)
香港貿易発展局(HKTDC)
シンガポール国際企業庁(IE Singapore)
マカオ貿易投資促進局(IPIM)
インド゛貿易振興局(ITPO)
日本貿易振興機構(JETRO)
大韓貿易投資振興公社(KOTRA)
マレーシア貿易開発公社(MATRADE)
モンゴル国商工会議所(MNCCI)
ニュージーランド貿易経済促進庁(NZTE)
スリランカ輸出開発委員会(SLEDB)
パキスタン貿易開発庁(TDAP)
カンボジア商業省貿易振興局(TPD)
ラオス商工業省貿易促進・産品開発局(TPPD)
台北世界貿易センター(TWTC)
ベトナム貿易振興庁(VIETRADE)
<オブザーバー>
ミャンマー商業省貿易局(DT)
<欠席機関>
ブルネイ産業・一次資源省(MIPR)
バングラデシュ輸出振興庁(EPB)