1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. ジョコ・ウィドド大統領来日記念「インドネシア・ビジネス・フォーラム」
ジェトロ・トピックス

ジョコ・ウィドド大統領来日記念「インドネシア・ビジネス・フォーラム」

2015年3月

photo

フォーラムで具体的政策を紹介するジョコ大統領

3月24日、ジェトロはインドネシアのジョコ・ウィドド大統領を迎え、駐日インドネシア共和国大使館とともに都内で「インドネシア・ビジネス・フォーラム」を開催、2014年10月の就任以降初の大統領来日とあって高い関心を集めた本フォーラムには約1,000名が参加しました。

主催者を代表して開会の挨拶をしたジェトロの石毛理事長は、ジョコ大統領の強いリーダーシップの下、インドネシアとわが国がともに一体感を強めつつ経済成長を持続させていくことに期待感を示しました。続いて来賓挨拶に立った日本インドネシア協会長の福田康夫元総理大臣は、これまでの両国の友好協力関係に言及、わが国の協力や両国間の経験の共有がインドネシアの発展に果す役割は大きく、今回の大統領訪日をきっかけとして、さらに両国は戦略的パートナーとして相互の連携強化を進めるべきである、と述べました。

基調講演で政府の5カ年計画に触れたジョコ大統領は、インドネシアのGDP成長率を将来的に7%までに引き上げること、ジャワ島に集中する外国からの投資を他地域に分散し、各地域に適した産業区分を設けることなどについて、自らデータを駆使して紹介、さらに資源・原材料輸出への依存体質から脱却するため、例えば水産分野では缶詰加工などの付加価値製品の輸出に注力していくことなど、具体的かつ明確なビジョンを示しました。また注目の高まる高速道路・鉄道・港湾等のインフラ分野では、とりわけ日本の豊富な経験が生かされるとしてわが国からの投資を呼びかけるとともに、2015年1月以降、投資認可にかかるワンストップ・サービスを開始したことを紹介、同国の投資環境に課題があれば改善したいと強調しました。

なお、フォーラム併催事業として開催された「インドネシア投資相談会」では、インドネシア投資調整庁およびジェトロの専門家が、インドネシア向け投資を検討中の日本企業36社の相談に応じました。


「インドネシア・ビジネスフォーラム」 概要
日時
2015年3月24日(火曜)10:30~12:40
場所
ホテルニューオータニ「鶴の間」
主催
ジェトロ、駐日インドネシア共和国大使館
共催
経済産業省
後援
日本アセアンセンター
出席者
約1,000名
次第
ジェトロ 石毛 博行 理事長
日本インドネシア協会 福田 康夫 会長
インドネシア商工会議所(KADIN) スルヨ・バンバン・スリスト 会頭
インドネシア共和国 ジョコ・ウィドド大統領
インドネシア商業省 バッフルール・ハイリ 貿易協力局長
インドネシア投資調整庁(BKPM)アズハル・ルビス 副長官
ダイハツ工業株式会社 三井 正則 代表取締役社長
国土交通省 森重 俊也 海事局長
経済産業省 石黒憲彦 経済産業審議官
「インドネシア投資相談会」 概要
日時
2015年3月24日(火曜)13:00~17:35
場所
ホテルニューオータニ「おり鶴・悠の間」
相談応対者
ジェトロ専門家4名、インドネシア投資調整庁(BKPM)数名

ジェトロ「インドネシア5カ年協力計画パッケージ」提案と覚書(MoU)の締結

ジョコ政権の重点政策「輸出拡大」「投資誘致」「地方振興」「海洋立国」に貢献するため、ジェトロは「インドネシア5カ年協力計画パッケージ」を策定、ジョコ大統領と石毛理事長の会談の場において、直接大統領に提案しました。また同会談に先立ち、ジェトロはインドネシア商業省およびインドネシア投資調整庁(BKPM)と覚書(MoU:Memorandum of Understanding)を締結、上記パッケージを構成する貿易・投資分野での両国間の連携強化に努めることになりました。

「インドネシア5カ年協力計画パッケージ」の概要

輸出促進のための商業省とのMOU締結

  • 専門家派遣
  • 金型産業の育成を通じた輸出促進
  • 地域間経済格差是正に向けた地場産業の振興
  • 高度技術・環境技術の導入促進
  • サービス産業の高度化に向けた日インドネシア企業間連携促進

投資交流の促進のためのインドネシア投資調整庁(BKPM)とのMOU締結

  • 在インドネシア進出日系企業の事業環境調査
  • 日本からの投資ミッション派遣
  • 対日投資有望企業に対する支援

ジョコ大統領との会談風景

商業省との覚書締結(左:ラフマット・ゴーベル商業大臣)

インドネシア投資調整庁(BKPM)との覚書締結(左:フランキー・シバラニ長官)