1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロ・トピックス
  4. 「2014年度ジェトロ・アジア・キャラバン事業」始動:日用品・生活雑貨の海外展開支援
ジェトロ・トピックス

「2014年度ジェトロ・アジア・キャラバン事業」始動 日用品・生活雑貨の海外展開支援

2014年6月

5年目キャラバン事業、上海商談会からスタート

ジェトロは、2014年度「ジェトロ・アジア・キャラバン事業」を、2014年6月25日(水曜)~26日(木曜)の上海商談会を皮切りにスタートしました。

わが国中小企業の日用品・生活雑貨・化粧品等の中国・台湾・香港市場開拓を支援する「ジェトロ・アジア・キャラバン事業」は、複数都市での商談会開催、消費者モニタリング調査、インターネットを通じた商談支援など複数のツールを組み合わせて実施するもので、2010年度から毎年実施しています。2014年度は21都道府県から56社・団体が参加します。

7月以降も、北京・台北・成都・香港・深センの各都市で相次いで商談会を開催するとともに、上海・台北・成都の3都市では消費者への商品モニタリング調査を新たに実施し、消費者の嗜好や購買傾向を探ります。

「日本商品を取り入れたライフスタイル」を提案

オープニングシンポジウムの様子

上海商談会に先立ち、現地バイヤーを対象としたオープニング・シンポジウムを開催、日本商品を取り扱う小売店や雑誌編集者等を迎えたパネルディスカッションでは、機能・デザインに優れた日本商品を取り入れたライフスタイルを提案しました。

また、中国人消費者を集めた商品モニタリング調査を実施し、参加29社の商品を手に取ってもらいながら、商品に対する感想、購買意向を調査しました。調査対象となった消費者からは、使用方法や中国国内での入手方法などの具体的な質問が多くあがり、日本商品に対する現地消費者の高い関心が感じられました。本調査は、台北や成都でも実施し、各都市で消費者の嗜好・購買傾向の違いを探ります。

約300社の現地バイヤーが来場

わが国の中小企業40社が参加した今回の商談会では、各社が自慢の商品を商談テーブルに所狭しと並べ、現地バイヤーを迎えました。

「安心・安全かつ中国にはない機能やデザインを備えた商品を仕入れたい」という現地バイヤーの日本商品に対する関心は高く、小売店・代理店・インターネット販売業者など約300社が来場して積極的な商談が行われました。

JNTO・自治体等と連携して訪日観光促進

アジア・キャラバン事業の商談会には、日本商品に関心を持つ現地バイヤーが多数来場するため、上海商談会ではJNTO(日本政府観光局)および11自治体事務所等と連携し、ポスター・パンフレットの配布、PR動画の放映等を行うなど、訪日観光をアピールするコーナーを併設しました。

ジェトロ・アジア・キャラバン事業 概要
期間
2014年4月~2015年3月
場所
上海、北京、台北、成都、香港、深セン
※香港は、美容見本市「コスモプロフ・アジア2014」へのブース出展。
主催
ジェトロ
参加企業数
56社・団体
上海商談会 概要
<オープニングシンポジウム>
日時
2014年6月25日(水曜) 10:00~12:00
会場
ルネッサンス揚子江ホテル
主催
ジェトロ
テーマ
日本商品を取り入れたプラスのある暮らしの提案
パネリスト
小森 智明 上海高島屋百貨店有限公司 董事副総経理
中澤 淳仁 長今信息科技(上海)有限公司 董事長
庄 婭瓊 瑞麗家居設計 編集
モデレータ
浜野 京 ジェトロ 理事
<上海商談会>
日時
2014年6月25日(水曜)13:30~17:30、26日(木曜)10:00~17:30
会場
ルネッサンス揚子江ホテル