1. サイトトップ
  2. 世界の見本市・展示会情報(J-messe)
  3. 鳥獣対策・ジビエ利活用展 2020
会期 2020年11月11日 ~ 2020年11月13日
開催地 東京 / 日本 / アジア
会場 東京ビッグサイト
出展対象品目 ICTやドローンを活用した鳥獣捕獲技術、侵入防止柵、侵入防止システム、罠、忌避剤、GPS、カメラなど野生鳥獣対策に関する各種製品やサービス 他
ご来場の方へ 入場資格 : ビジネス関係者
入場方法 : 公式ウェブサイトからの事前登録
詳細は主催者へ直接お問い合わせください。
主催者 一般社団法人日本能率協会
住所 : 東京都港区芝公園3-1-22
担当部課 : 産業振興センター
担当者 : 鳥獣対策・ジビエ利活用展事務局
Tel : +81-3-3434-1988
E-mail : ai-e@jma.or.jp
問い合わせフォーム : https://www3.jma.or.jp/ai/inquiry/ai_shiryo.php
Telは国際電話用の国番号から表示されています。
主催者より 野生獣害による農作物被害額は平成30年度に158憶円となっており、近年減少傾向にあるものの依然として高い水準にあり、被害による営農意欲の減退や耕作放棄、車両との衝突事故、希少植物の食害など生活環境のみならず生態系への影響も発生しています。一方、鳥獣捕獲の担い手数の減少や高齢化も深刻化しており農山漁村地域の衰退を招く大きな問題となっています。ICTやドローンを活用した捕獲技術、侵入防止柵やカメラなどによる更なる捕獲技術の進展が求められているとともに、捕獲した鳥獣を地域資源として様々な分野で活用し地域振興に役立てる取り組みが各地で始まっています。本展では、農作物の野生鳥獣被害対策、捕獲技術、捕獲後のジビエ利活用に関わる情報を一堂に集め、情報交流・商談の機会を創出します。
同時開催展あり。
業種
開催頻度 毎年
過去の実績 2019年実績
展示面積 : 11,520 sq.m.
過去の実績は同時開催/併催展を含む場合もあります。
公式ウェブサイト こちらの見本市・展示会のさらに詳しい情報は、主催者の公式ウェブサイト 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます でご確認いただくことができます。
最終更新日 2019年 12月 11日

世界の見本市・展示会情報(J-messe)の品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。

役立ち度を選択してください。

評価の登録に失敗しました。

すでに評価いただいている記事です。

評価いただくことができません。

不正なアクセスです。

掲載の見本市情報は主催者により変更、延期、中止されることがあります。詳細については直接各主催者のサイト等を確認願います。
詳しくは見本市・展示会情報のご利用についてを参照ください。

主催者様へ

J-messeの「見本市・展示会データベース」に見本市の情報を登録できます。 登録は無料! ぜひご登録いただき、PRにご活用ください。

お問い合わせ

個別の見本市・展示会に関する詳細情報は、各主催者への直接のお問い合わせをお願いいたします。

※お問い合わせいただく前に「よくある質問(FAQ)」および「見本市・展示会情報のご利用について」をご覧ください。

  1. サイトトップ
  2. 世界の見本市・展示会情報(J-messe)
  3. 鳥獣対策・ジビエ利活用展 2020

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。