外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-

ティーウェイ航空 日本支店(福岡支店・田泰圭支店長)

産業:観光

PDF版PDFファイル(348KB)

韓国の格安航空会社のティーウェイ航空が日本便を就航して約4年が経過した。同社の特徴は、主要路線に加えて佐賀便、大分便など独自に路線を展開している点だ。現在も、成田便の就航に向けて準備を進めている。福岡支店の田泰圭支店長に日本ビジネスについて話を聞いた。

日韓の利用客が逆転

ティーウェイ航空(韓国)が日本の福岡空港に就航したのは2011年12月。前身の韓星航空を引き継ぐかたちで2010年8月に設立された同社は、済州、バンコクに次いで3カ所目の乗り入れ先として福岡を選択した。韓国観光公社によると、2011年の日本人入国者は329万人、翌12年には352万人で過去最高を記録した。当時は日本から韓国への旅行客が増加しており、同社は日本人観光客の増加を当て込んだ。その後、同社は2013年に札幌(北海道)、佐賀、2014年に大分、那覇(沖縄)、2015年には関西(大阪)にも路線を開設した(表1)。

しかし、同社の思惑とは異なり、円安などによって日本からの訪問者が減少し、2014年は2012年比約65%の228万人にとどまった。そうした中、業績に寄与したのが、韓国からの訪日客、インバウンド需要の増加だった。日本を訪れた韓国人は、東日本大震災の影響で一度は減少したものの、順調に増加を続けた。田支店長は「2013年に日韓の乗客数が逆転した」と説明する。

(表1)ティーウェイ航空の日本便開設

韓国人訪日客の需要拡大に対応

韓国から日本への入国者数は増加を続け、2014年には300万人を超えた。2015年は10月までにすでに340万人以上が訪日しており、年間では400万人超となる見通しだ。同社便の利用者数も順調に増えており、「今では韓国人客の比率が9割を超える」と田支店長は話す。

特に韓国からの入国者数の伸びが目立つのが福岡空港だ(表2)。全体を大きく上回るペースで伸びており、2015年も10月までに55万人を超える、韓国からの訪日客の16%超が利用している。需要の拡大を受けて、韓国からのフライトの増便が続いており、ティーウェイ航空も「現在、増便を予定している」と田支店長は話す。

福岡空港以外の就航先についても、韓国からの訪日客は増加が続いている。ティーウェイ航空就航後、いずれの空港でも入国者数は増えており、同社の定期便は増加する韓国人旅行客の訪日を支えている。同社は2016年に成田便の就航を予定しているほか、入国者数の伸びが堅調な関西便についても増便を検討中だ。

福岡支店・田泰圭支店長

佐賀や大分に独自路線

同社は、福岡、関西、那覇などの人気路線に加えて、佐賀、大分など独自路線を持つ。これらの空港では、韓国人の入国者数はより顕著な増加を示しており、同社の就航が潜在的な需要を掘り起こしたとみることもできる。

こうした地方空港への就航はリスクを伴うが、市場を独占しやすいメリットがある上、団体旅行などを企画する旅行会社との連携の可能性も広がる。リスクを軽減するためには、過去の就航記録などを参考にすることもあるという。

もっとも、地方空港への就航にあたっては「受け入れ側自治体による経済的支援が前提になる」と田支店長は指摘する。以前は、旅行会社などと連携した利用者への直接補助ができたが、現行はそれが難しくなり、代わって航空会社のコスト削減に資する経済的支援が増えているそうだ。

日本での航空券購入は旅行会社経由が中心

韓国人の利用客では、訪日リピーターが増え、個人によるオンライン購入が増えている。一方、日本人向けとしては、航空券のオンライン販売に加えて、日本の主要旅行代理店との提携に力を入れる。日本人客の購入方法をみると、オンライン購入する一部の個人を除けば旅行会社経由がほとんどなのが、その理由だという。

日本でビジネスを行う上で、法制度面での問題は特にないそうだ。路線開設を計画してから就航までのリードタイムも半年程度で、「他国と比べて大きな問題にはなっていない」と田支店長は話した。

(表2)航空別韓国人入国者数の推移
ティーウェイ航空は2010年の創業後、これまでに韓国国内のほか、タイ、日本、中国、台湾、ラオスに定期便を展開し。2015年には第3国間を結ぶ初の路線として、関西-グアム便を開設した。従業員は717人(2015年6月時点)。2014年の売上高は2,300億ウォン(約230億円、1ウォン=約0.1円)

(2015年12月取材)


同社沿革

2011年 福岡便開設に伴い、福岡市に支店を設立
2013年 デザイン、製造販売、プラスチック溶着機器 
2014年 札幌便開設に伴い、札幌市に支店を設立
佐賀便開設に伴い、佐賀市に支店を設立
2015年 大阪便就航に伴い、大阪市に支店を設立
大阪府に日本地域本部を設置

ティーウェイ航空 日本支店

設立: 2011年12月  日本営業所(福岡支店)設置
事業概要: 航空運送事業
親会社: 株式会社ティーウェイ航空(T’way Air Co.,ltd)
住所: 福岡県福岡市博多区大字青木739番地  福岡空港国際ターミナル2階
URL : https://www.twayair.com/main.do?_langCode=JA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)