外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-プリズマット・ジャパン株式会社(寺西 基治氏)

産業:その他製造業

PDF版PDFファイル(378KB) 

次世代3Dプリンタで航空、自動車産業等に向けた金属・樹脂部品の製品開発を行うフランスのプリズマット社が、同じく航空、自動車産業向けに高級特殊鋼の販売を中心に、精密加工、熱処理、測定で評価の高い名古屋の山一ハガネと合弁会社を設立し、新たな市場開拓に乗り出した。山一ハガネの代表取締役社長であり、合弁会社プリズマット・ジャパンの代表取締役である寺西基治氏に話を聞いた。


日仏合弁会社の設立の背景

2016年1月、次世代3Dプリンタで航空、自動車産業などに向けた金属・樹脂部品を製造するフランスのPRISMADD(以下、プリズマット)が、名古屋で同じく航空、自動車産業向けに高級特殊鋼素材から加工、完成部品に至るハイテク製品を扱う株式会社山一ハガネと合弁で、日本法人プリズマット・ジャパンを設立した。
プリズマットは、航空、宇宙、原子力、防衛、エネルギー、自動車などの主要成長産業における金属・樹脂のAdditive Manufacturing (以下、AM※)を核とした製品製造企業。2014年9月に金属の精密加工メーカーのFarellaと、粉末素材インテグレーターのRhonatec、3DプリンタのインテグレーターのCreatix3Dの3社の合弁で設立された。現在、エアバスやサフランなどの航空機産業や、ボルボなどの自動車産業向けにグローバルでサービスを提供しており、最先端の3Dプリンティング技術を蓄積している。また、グループ企業のノウハウを集結させ、AM用粉末の選定から、AM製品のトポロジー(構造最適化)設計サポート、最終製品としてのAM部品の製造といった全プロセスでサービスを提供している。

※AM:「付加製造」、「積層造形」とも言う。高精度な産業向けの3Dプリンタを利用し、レーザーを照射して粉状の金属・樹脂を溶かしながら積層し、造形する。

一方の山一ハガネは、2017年に創業90周年を迎える老舗の特殊鋼専門商社。自動車メーカーなどに向けた高級特殊鋼の供給を中心に、精密加工、熱処理、測定で定評があり、「ファクトリーモール」と呼ぶ、素材から品質保証までの一貫したソリューションに強みを持つ。山一ハガネの代表取締役社長の寺西 基治氏は、こうした一貫した生産体制が生まれた背景について次のように説明した。「高度成長期はメーカーも生産を増やしており、特殊鋼の取扱量も堅調に増えていったが、2008年のリーマンショックで一瞬のうちに仕事がなくなった。メーカーもコア事業に資本を集中する中で、山一ハガネが『仕入れて売るだけの商売』ではなく、材料から品質保証まで、全てのプロセスを最短プロセス、最速対応、最適提案のできる特殊鋼のファクトリーモール機能を持つことができれば、窓口一つでお客様のあらゆるニーズに応えることができると考えた。」

プリズマット・ジャパン代表取締役/山一ハガネ 代表取締役社長
寺西 基治 氏

プリズマットと山一ハガネの両社長が意気投合

プリズマットは、設立当初から欧州市場の先を見据えて新たな市場の開拓を計画しており、アジア拠点の設立のため、信頼できるパートナー企業を探していた。そこでプリズマットが目をつけたのが、山一ハガネだった。山一ハガネは、特殊鋼を扱っており、熱処理も機械加工も寸法保証もワンストップで提供しており、AM製造にとって非常に重要な機能を有していた。早速、プリズマット本社社長のフィリップ・リビエール氏が来日し、山一ハガネの工場を見学。「実は今度3Dプリンタの会社を立ち上げるんだ。社長就任式が2015年1月にあるから来てくれないか」と寺西社長を招待した。
寺西社長も、日本で3Dプリンタがニュースで騒がれるようになっており、今後、特殊鋼のビジネスにどういう影響があるのか、関心を持っていた。「特殊鋼の世界で物をつくっていると製造ロットの壁というのがあり、大量生産をするためには、やはり金型による生産になる。しかし、弊社が扱っている難しい加工品は、数は非常に少なくて寸法の厳しいものになる。では、その中間をどうするか。金型による大量生産の方が安くていいものができるのか、あるいは機械加工で一品一品つくった方がいいのか。その真ん中にこの3Dプリンタが来るんじゃないかなと。」
寺西社長は、プリズマット本社の社長就任式に参加し、5日間リビエール社長と行動を共にし、事業に対する考え方を共有する中で、「こんなに情熱に満ちた人間がいるんだ。この人だったら信頼できるなと思った」という。そして、その2ヵ月後、今度はリビエール社長が再来日し、パートナー候補企業として最初に山一ハガネを訪問した。「他に行かなくていいのでうちでやろう」と寺西社長が提案し、その場で握手し、日本でのビジネスパートナーが決定した。

中小企業同士の協業で互いの強みを補完

現在、プリズマット・ジャパンでは、山一ハガネの強みを活かして、全世界のプリズマットグループの中で「ポストプロセス」と呼ばれるAM製品の積層後工程を担っている。プリズマット・ジャパンの代表取締役に就任した寺西社長は、日本法人の役割について次のように説明した。「山一ハガネが持っている熱処理、機械加工、寸法保証、それと、リバースエンジニアリング。図面どおりに作っていく通常の流れではなくて、品物があって、その品物を逆に図面展開をしていって量産につなげる、これらのプロセスすべてが3Dプリンタ事業に役に立つ。金属の3Dプリンタは、造形後のそういったポストプロセスが非常に大事なんです。」
プリズマットにとって、山一ハガネとパートナーを組んだ理由は、こうしたポストプロセスの技術力に留まらない。「中小企業でやはり決断が早いということですね。リビエール社長が一番大事にしていたのは事業のスピードですので。」
また、3Dプリンタで製品化するものは、顧客メーカーにとって機密部品や開発部品が多い。情報漏えいのリスクを減らすためにも、山一ハガネのように一気通貫で対応できることは顧客にとってもメリットだという。
一方、山一ハガネにとっても、プリズマットが持つ最先端の3Dプリンティング技術と、実際に大手航空機会社に納品している実績とネットワークは魅力だった。「中小企業ではお金も人も限りがある。特に3Dプリンタというのは、材料である粉の選択から、造形していく上でのノウハウ、様々な要素がある。3Dプリンタがあればできるというものではない。それを中小企業1社でやるというのは不可能です。一番の魅力は、プリズマットの母体がフランス最大の特殊鋼メーカーで冶金のプロであること、そして粉末素材もつくり、材料の解析技術を持っている。また、最先端の設計シミュレーション技術を持ったパートナー企業がいる。そういった全ての要素を全部グループの中に持っているんです」と寺西社長は話した。

実際に、合弁企業を設立してからフランス本社は日本法人をバックアップし、積極的にノウハウを共有してくれたという。「普通、合弁っていうと、資本比率の多い少ないで力関係云々って心配するんですが、リビエール社長は非常にフェアで対等。握手をした瞬間から全ての情報を我々に教え協力してくれた。今度最先端の設計シミュレーション技術を学ぶためにうちの社員をフランスに派遣するんですが、そうしたことも非常に前向きにやってくれる。」と寺西社長は、フランス本社の対応を高く評価している。

今後の日本での事業展開について

日本国内のAM市場は欧米と比較すると遅れており、日本のメーカーも今、真剣に研究開発を進めているところだという。プリズマット・ジャパンでは、そうした日本のメーカーにコンタクトし、現在、具体的な開発に向けて複数の案件が進んでいる他、現在、名古屋に限らず、日本全国から問い合わせが来ているという。
3Dプリンタ技術は、日本のものづくりに新たなイノベーションを起こす可能性を秘めている。「3Dプリンタは、削りにくいものが非常に歩どまりよく製造でき、今までできなかった形状のものができる。例えば非常に高価な材料のチタン。これまで機械加工でチタンの塊を削っていたが、非常に削りにくいので加工時間が長いし、塊から削り出すので歩どまりが悪い。しかし、3Dプリンタを使うと、ほぼ100%の歩どまりででき、加工時間が短い。以前ならチタンはコストが高くなるから使わないというのが前提だったのが、3Dプリンタで部品を造形すると安くできる。今まで考えてもいなかったような用途にチタンを使ってみようかというような発想が出てくる。」今後は、自動車分野のみならず、MRJ(三菱リージョナルジェット)に代表される新たな日本のものづくりに貢献したいと寺西社長は意気込む。
現在、プリズマットは、フランス国内に4つの製造拠点を持ち、更に2つの製造拠点の開設を予定している。また、海外では、日本にのみ現地法人を有している。フランス本社社長のフィリップ・リビエール氏は、今後、ドイツ、英国、スペイン、インド、米国などにも拠点設立を計画しており、「2020年までに少なくとも4,000万ユーロ(約46億円)の投資を計画」しており、将来的には、世界で250人雇用することを見込んでいるという。(出所: 2016年3月28日付 L'Usine Nouvelle ウェブサイト記事)
プリズマット・ジャパンとして、まずは一つでもランニングで量産部品が動き出すことを目標にしている。寺西社長は「サンプルで評価されたとしても、それではプリンタを持っているだけのところと変わらない。我々はプロトタイプをつくって終わりの会社ではなくて、あくまでも3Dプリンタによる量産部品を志向しているので、そういったランニングの量産部品の仕事が動き出せば、一つの成功というか、一つの壁を越えたかなという感じはします」と述べた。
プリズマットは、山一ハガネとの合弁会社設立のように、専門性を持った様々な分野の企業をグループ内に取り込むことで、3Dプリンティングのバリューチェーンを構築し、トータルソリューションを提供することで急成長を遂げてきた。山一ハガネもまた、日本にはまだない最先端の3Dプリンティングを導入し、グローバル市場に展開する足がかりを得ることができた。
「我々のつくった部品が例えば飛行機に乗って空を飛ぶとか、この車の大切な部分に使われるとか、そういった形で『世の中の役に立ってるんだな』って実感することによって社員のモチベーションも上がりますし、物づくりにこれから注力していこうという立場としては、夢であり、醍醐味」と最後に寺西社長は語った。

(2016年7月取材)


同社沿革

2014年10月 フランス南部のモントーバンでAM(付加製造)のPRISMADDを創業。
2016年1月 OMGと提携し、フランス・イゼール県に国内4ヶ所目の生産拠点を開設。
2016年1月 山一ハガネと合弁で、同社初の海外拠点を日本に開設。

プリズマット・ジャパン株式会社(日本法人)

設立 2016年1月   
事業概要 AM(Additive Manufacturing)におけるマテリアル、デザイン、ポストプロセスのトータルソリューションの提供
親会社 山一ハガネ(日本)、PRISMADD(フランス)による合弁会社
住所 〒459-8007 名古屋市緑区大根山2丁目146番地
URL http://prismadd.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

株式会社山一ハガネ(日本側親会社)

設立 1948年8月(創業1927年8月)
事業概要 高級特殊鋼素材から、精密加工、熱処理、測定、完成部品に至るハイテク製品を扱う専門商社
従業員数 200名
資本金 8,000万円
URL http://www.yamaichi-hagane.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

本記事の内容は、国際ビジネス情報番組「世界は今」でも取り上げており、映像でもご覧いただけます。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)