外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

産業:バイオテクノロジー/ライフサイエンス

PDF版PDFファイル(308KB)

米国の大手医療機器メーカーであるジョンソン・エンド・ジョンソンが開設した研究およびトレーニング施設「東京サイエンスセンター」が2015年8月で1周年を迎えた。同センターは、日本だけでなく海外からの医師を受け入れ、医療機器分野のグローバルなハブになりつつある。

2015年8月6日、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が開設した「東京サイエンスセンター(神奈川県川崎市)」が1周年を迎えた。当初開設時に見込んでいた国内外からの年間来場者数を大きく上回り、2015年7月末時点で2万2,000人を突破し、好調な滑り出しを見せた。同社によると、患者の負担が少ない内視鏡外科手術が普及し、その医療機器やトレーニングに関心を持つ医療従事者が増加していることが、背景にあるという。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界60カ国に265以上のグループ企業を有し、総従業員数は約12万6,500人、2014年度の売り上げは、約743億USドル(約8.9兆円)。ニューヨークダウ平均株価の構成銘柄30社にも採用され、名実ともに、「世界最大級のヘルスケアカンパニー」と言える。

日本では、1961年に事業活動をスタートさせて以来、消費者向け製品をはじめ、医療機器、医薬品などを次々に販売している。消費者向け製品では、絆創膏のバンドエイド(R)、禁煙補助薬のニコレット(R)、マウスウォッシュのリステリン(R)など、日本でもお馴染みのブランドが多数存在している。また医療機器では、外科、内科をはじめ幅広い診療領域をカバーする他、コンタクトレンズのアキュビュー(R)も販売している。

海外から注目される「東京サイエンスセンター」

こうした中、同社は2014年8月6日、国家戦略特区に指定されている殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」内に、「東京サイエンスセンター」を開設 した。敷地面積、2,942平方メートル、延床面積約4,858平方メートルの広大な規模を誇る施設である。施設の川向こうには羽田空港が立地し、海外からのアクセスも抜群である。

同センターは、低侵襲の外科手術シミュレーション装置、心臓・血管系疾患治療・筋骨格系治療トレーニングのシミュレーター、遠隔映像カンファレンスシステムなど先進的な医療設備を備えた、医療従事者向けの研究およびトレーニング施設で、最先端の医療技術が習得できる。

同社と日本企業との共同開発により実現した、臨床に近い模擬臓器を使用した学習プログラムをはじめ、内視鏡外科手術や心臓・血管系疾患治療等多岐にわたるプログラムを提供し、同センターが日本の先進的医療機器や技法を国内外に向けて発信する拠点となっている。実際、独自のインターナショナルプログラムを英語で用意することで、アジアを中心とする海外の医療従事者からも高い人気を得ている。

ジョンソン・エンド・ジョンソン 東京サイエンスセンター

「東京サイエンスセンター」を開設した背景

同センターは、国内およびアジアの医療従事者から更なる医療機器の改良のための知見を収集し、日本のみならずアジア各国のニーズに適合する製品開発につなげるという機能も持つ。日色保・日本法人社長は、『日本はアジアの中でも医療技術が非常に進んでいる国です。そして、日本の先生方のたいへん高いレベルの技術、日本独自のテクノロジーを活かして、新しいソリューション、まだ満たされていないニーズを発見して、それを世界レベルの開発につなげていく、そういった意味で東京圏にサイエンスセンターを作った意義があると思います。間違いなく、アジア、そしてグローバルのハブになると思います。』と語っている。

日色 保 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 社長

ジェトロのサポート

「東京サイエンスセンター」設立に際して、ジェトロは平成23年度のアジア立地推進事業費補助金をはじめ、各種インセンティブ情報等の提供を行った。

「アジア拠点化立地推進事業費補助金」事業は、国際的に広く事業展開を行うグローバル企業による統括拠点や研究開発拠点などの高付加価値拠点の国内立地を支援すべく、経済産業省が平成22年度から実施している補助事業であり、ジェトロは平成24年度公募事業まで補助金事務局の運営業務を受託した。

(2015年9月作成)

本記事の内容は、国際ビジネス情報番組「世界は今」でも取り上げており、映像でもご覧いただけます。


同社沿革

1886年 米国のニュージャージー州ニューブランズウィックで創業
1944年 株式公開
1961年 日本で創業
2014年8月 「東京サイエンスセンター」を開設

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(日本拠点)

設立: 1978年8月(創業1961年)
住所: 東京都千代田区西神田3丁目5番2号
事業内容 総合医療・健康関連用品の輸入・製造販売
親会社: ジョンソン・エンド・ジョンソン
資本金: 80億円
従業員数: 2,403名(2013年12月時点)
URL(親会社): http://www.jnj.co.jp外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

「東京サイエンスセンター(TSC)」概要

竣工年月日: 2014年5月16日竣工、2014年8月6日本格稼働
住所: 神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目25-19
敷地面積: 2,942平方メートル
延床面積: 約4,858平方メートル(地上4階建て)
職員数: 約20名

ジェトロの支援

  • インセンティブ情報の提供

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)