外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-株式会社行楽ジャパン

産業:観光

PDF版PDFファイル(366KB)

中国で唯一、中国語による日本紹介に特化したトラベル&ライフスタイル雑誌「行楽」を出版する上海征西広告有限会社は2015年9月、東京に日本法人として株式会社行楽ジャパンを設立。中国人の訪日観光ブームを背景に、SNSなど様々な広報ツールを用いて日本の魅力を発信している。同社の代表を勤める袁静氏に日本におけるビジネスについて話を聞いた。


行楽ジャパンの親会社である上海征西広告有限会社は、2007年に中国・上海で設立され、2013年から中国沿岸部の富裕層の女性をターゲットに、中国国内初の中国語による日本紹介に特化したトラベル&ライフスタイル雑誌「行楽」を刊行している。1号当たりの月発行部数は中国全土で20万部以上に上り、中国で圧倒的な人気を誇っている。
誌面では、中国人にはまだ知名度の低い日本の地方の魅力が多く取り上げられている。一般的な観光ガイドとは異なり、「本物の日本」、「上質な日本」を伝えるというコンセプトのもと、古民家カフェやおしゃれな雑貨屋、地方の隠れた名所などの記事が美しい写真とともに並ぶ。旅だけでなく、日本のモノやライフスタイルも紹介しており、日本人から「日本語版を出して欲しい」との声が出てくるほどだという。

「行楽」創刊の背景

同社を立ち上げた袁氏は、もともと上海に住む一般の専業主婦であった。ある時家族で訪れた北海道の魅力に心を打たれ、日本紹介に特化した雑誌を創刊しようと決意したという。事業の創設には、以前日本の出版社で勤務していた経験を活かした。「実は北海道に勝る美しい場所は中国にもたくさんあります。しかし、北海道は自然や食べ物だけでなく、中国ではまだ整備されていないサービスやおもてなし等のソフト面が非常に充実していました。だからこそ、日本が中国にとって身近なリゾートになれるという確信を持ったのです」。
一方、事業を立ち上げた2009年は、中国人の訪日に対する個人観光ビザが解禁されたばかりであり、中国人は団体旅行で日本を訪れるのが一般的であった。周りから「中国ではビジネスにならないのでは」と言われることもあったという。
しかし、その後の日本政府によるビザ発給要件の緩和、日中直行便の拡充や、円安の進行と合わせて、多くの中国人が日本を訪れるようになった。同社が「道中人」を創刊した2009年に約8,000件であった個人観光ビザの発給数は、「行楽」の発行を開始した2013年にはおよそ20倍である約17万件にまで増加。それとともに、同誌の人気も高まり、大手オンライン通販サイトの雑誌売れ筋ランキングには常に上位にランクインするようになった。また、最近の訪日中国人旅行者の興味は「買い物」から「体験」に移っており、質の高い旅を求める多くの中国人の読者は更に増え続けている。「今まさにやり応えを感じているところです」と袁氏も笑顔を見せる。

観光地としての地方の魅力

中国人の個人旅行が増えるにつれ、地方自治体や観光関連企業とのタイアップ記事に関する依頼も増えているという。例えば、日本の大手メーカーとのコラボレーションでは、一般読者の中から応募したカメラの達人をまだ知られていない日本の地方の魅力的な「秘境」へ招待し、彼らの目線からその土地の魅力を紹介する特集をシリーズで組んでいる。
また、今年4月に発生した熊本地震の影響により観光客が落ち込んでいる九州では、県や自治体と協力し、活気を取り戻しつつある九州の現状を紹介することで、観光客の回復につなげたいと考えている。「上海と九州は週何十便もフライトがあり、飛行時間も90分ほど。週末にふらっと美味しいものを食べて、買い物をしに行くことができる。この雑誌を読んで、ぜひ九州に行ってみたいと思う人が増えれば」と、袁氏は語る。

トラベル&ライフスタイル雑誌「行楽」

多様な日本紹介ツール

中国の人々により深く日本を知ってもらうため、雑誌という枠にとどまらず、読者参加型のイベントや、SNSでの情報発信も行っている。同社の主催する読者参加型のイベントは上海や北京などの沿岸部を中心に、過去30回以上実施。共催・協力等も含めた開催数は40回にも及ぶ。参加者は日本の文化を体験したり、日本のお土産や商品をもらえたりと、楽しみながら日本の魅力を知ることができる。
また、同社は中国で大きな影響力を持つ微博(ウェイボー)や微信(ウェイシン)などのSNSを利用した広報・PRコンテンツの受託運営にも力を入れている。隔月発行の雑誌と合わせてSNSを利用することで、旬の情報を迅速に届け、直接読者からの反応をもらうことができる。今後は、オンライン上でのPRにより力をいれるため、自前のオンラインプラットフォームの構築も検討しているという。

日本進出とジェトロのサポート

中国人観光客の訪日ブームを引き合いに、日本企業や自治体からの問い合わせが増加していることが、日本に拠点を設立するきっかけの1つになった。
「2014年後半あたりから、日本に窓口が必要だと強く感じるようになりました。日本は政府主導で観光に力を入れていることもあり、日本への進出を決定してからは、日本政府観光局(JNTO)やジェトロの力を借り、法人設立までスムーズに進めることができました」と袁氏は語る。また、ジェトロのサービスを利用したことで、同社との取引を検討している日本企業に対し、「ジェトロから支援対象として認められている企業」として印象付けることもできたという。
同社の日本法人設立に際し、ジェトロ対日投資部は、テンポラリーオフィスの提供、登記・税務・労務に関するコンサルテーション、サービスプロバイダ(司法書士)紹介などを行った。「ジェトロのサービスを受けているのは、大企業ばかりという印象があったが、我が社のような小規模な企業に対しても、様々な支援をしていただけて大変感謝しています」と袁氏は述べた。

上海征西広告有限会社・株式会社行楽ジャパン 代表取締役 袁静 氏

(2016年6月取材)


同社沿革

2007年 中国に上海征西広告有限会社を設立
2009年 北海道の魅力を伝える雑誌「道中人」を創刊
2011年 九州の紹介に特化した雑誌「南国風」を創刊
2013年 「道中人」と「南国風」を合冊し、日本全国の魅力を伝える雑誌「行楽」を創刊
2015 年9月 東京都に株式会社行楽ジャパンを設立

株式会社行楽ジャパン

設立 2015年9月
事業概要 広告出版業
親会社 上海征西広告有限会社
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15-209
URL URL:http://www.jishixingle.cn/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロの支援

  • テンポラリーオフィスの提供
  • 登記・税務・労務に関するコンサルテーション
  • サービスプロバイダ(司法書士)の紹介サービス

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)