外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-

フォルシア・ジャパン株式会社(Olivier Fidry氏)

産業:自動車関連

PDF版PDFファイル(264KB)

自動車シート用フレームやメカニズム、内装部品で世界トップの実績を持つフランスのフォルシアは、世界の主要な自動車メーカーのサプライヤーとして、自動車のシート、内装システム、排気システムと自動車の外装の4つの事業を手がけている。優れた技術開発力を持ち、2012年に横浜市に研究開発拠点を設立した。フォルシア・ジャパン株式会社の代表取締役Olivier Fidry氏に、日本でのビジネス活動や今後の展望についてインタビューを行った。


フォルシアは世界34カ国、6,000人のエンジニアを含む10万人を雇用し、約330箇所の生産拠点と研究開発拠点を有している。これらの拠点は自動車市場での戦略的な方向性を見据えた上で設置しており、日本では2012年、横浜市に研究開発拠点を設立した。同社は自動車用シート、自動車内装システム、排気システムの技術、自動車の外装の4つの主要な事業を核として、さらなる事業拡大に向け、車両の軽量化、室内の空気環境のクリーン化、快適さの向上、カスタマイズ化といった自動車業界の直面する課題や先端技術開発に取組んでいる。

日本での投資拡大によりビジネスが成長

フォルシア・ジャパンは1992年に設立された。その後、2001年に日系自動車用シート大手と合弁会社を設立し、戦略的業務提携を結んだ。日系大手自動車メーカー向けに自動車シートの開発および生産を開始するためだった。2012年には日系内装部品大手と提携し、合弁会社を設立、日系自動車メーカーとの業務を拡大してきた。さらに、同じ年、安全性、デザイン、快適さなどを追及した自動車シートの試作品の機能を評価するため、横浜市に研究開発拠点を設置した。こうした一連の体制強化により、Fidry氏は「2014年はメイン顧客の日系自動車メーカーとの取引により、同社の日本での事業も前年比20%以上になるなど急速に成長した。」と語った。

フォルシアの強み:re-global

フォルシアの強みの一つは「re-global」だという。フォルシアは、欧米、アジアの顧客にサービスを提供し、世界規模で事業を展開する自動車部品のサプライヤーである。
日系自動車メーカーはより早く製品を開発・商品化し、販売するため、グローバルに展開しているサプライヤーを求めているという。Fidry氏は「フォルシアは自動車メーカーが欧州、北米、アジアの世界のどこに存在しようとも彼らをいつでもサポート可能な技術力を持つ、唯一のグローバルなサプライヤーである。」と自信を持つ。
フォルシアは技術革新へ多くの投資を行い、毎年何百という特許を公開しており、長期志向で安定した企業であるという。「これまで競合他社の多くが自動車部門の統合、再配置を行ってきた中で、フォルシアは長期的なかつ戦略的なビジョンに基づき、事業を拡大している。これもフォルシアの強みであり、顧客に信頼と自信を与えている。」とFidry氏は胸を張る。

日本の魅力、日本でビジネスをする強み

日本市場の魅力は、日本には日系3大自動車メーカーが存在し、それが世界の自動車メーカーのトップ10に入っていることだという。これらの日系自動車メーカーは巨大な自動車市場において、世界の自動車生産の約30%という高いシェアを占めている。
Fidry氏は、「日本には自動車の設計、開発、製造などを行うエンジニアリングセンター、デザインのスタイリングセンターが設置されており、日本で意思決定が下される。だからフォルシアは日本にいる。」と日本でビジネスをする強み、魅力を語る。
また、「個人的には日本の住環境に魅力を感じている。来日当初は言葉の問題で生活が容易ではなかったが、日本の行政組織が整備されており、また日本の人々のおかげでどこへ行くにもアクセスしやすく、快適な生活を送ることができる。これは日本でビジネスをする上で素晴らしいことだ。」と印象を述べた。

フォルシアのビジネスモデル

製品の観点からいうと、日系大手自動車メーカーとその提携先のフランス大手自動車メーカーのために日本で製品開発を行ってきた。日本で製品開発されたプラットフォーム製品は世界中で生産され、海外の顧客へ供給された。「我々は世界規模でのビジネスを可能とする製品開発拠点を日本に持っている。」とFidry氏は誇る。
サービスの観点からいうと、フォルシアは欧米式のサプライヤーであるため、作業工程を日本自動車メーカー独自の製品基準、作業工程や開発手順に合うよう調整しなければならない。一方で日系自動車メーカーはグローバルにビジネス展開をするフォルシアを求めているため、フォルシア・ジャパンはフォルシアと日系企業をつなぐ架け橋としての役割を担っているという。
今後の課題は日系自動車メーカーの仕事の効率性や働き方を維持しつつ、彼らがグローバルにビジネス展開しているフォルシアから恩恵を得られるよう、互いにノウハウを共有し、事業を成長させていくことだという。

横浜市に製品開発拠点を設置

フォルシアはシートの機能評価を行うため、2012年に横浜市に製品開発拠点を設立した。横浜市を拠点先に選んだ理由は東京都内よりもコストが低く、事務所スペースが広いなど、ビジネス環境が想像以上に良いことだという。だが、最大の理由はフォルシアの合弁企業や長年の提携先企業の本社が横浜市に存在しており、顧客のそばでビジネスを行うという利便性を考慮したことである。

日本での今後のビジネス展開

フォルシアはここ数年、アジアで急成長を遂げた。これはアジア市場で優位に立つ日系自動車メーカーの寄与するところも大きい。フォルシアはこれまでの欧米自動車メーカーとの事業展開同様、日系自動車メーカーと連携し、事業拡大することを強く望んでいる。
フォルシアは日本市場に参入してから約15年が経過している。今後もこれまでと同様、同社は顧客の事業拡大をサポートするべく、日本で人的・技術資源に投資していく予定だ。日本に日系自動車メーカーという顧客がいることから、将来的に新たに研究開発施設をオープンすることも考えているという。「他の自動車メーカーとも連携し、さらなる事業拡大をしていきたい。」とFidry氏は述べた。

フォルシア・ジャパン代表取締役社長
Olivier Fidry氏

ジェトロのサポート

フォルシアはジェトロから補助金の情報提供を受け、2012年にアジア拠点化立地推進事業費補助金を活用し、横浜市に研究開発拠点を設置するに至った。Fidry氏は「ジェトロから有益な情報、支援を得ることができた。」と感謝の意を述べた。

(2015年8月取材)

本記事の内容は、国際ビジネス情報番組「世界は今」でも取り上げており、映像でもご覧いただけます。


同社沿革

1992年 日本法人を設立
2001年 フォルシア・ジャパン株式会社、フォルシア・ニッパツ株式会社とフォルシア・ニッパツ九州株式会社を設立
2005年 日本法人フォルシア・ジャパンとフォルシア・インテリア・システムを統合し、新たに日本法人フォルシア・ジャパンを設立
2012年 横浜市に研究開発拠点を設置

フォルシア・ジャパン株式会社

事業概要 自動車部品の設計、製造および販売ほか
親会社 フォルシア・ジャパン株式会社
住所 〒204-0005 神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134 横浜ビジネスパーク テクニカルセンター 3階
URL http://www.faurecia.com/en外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロの支援

  • インセンティブ情報の提供

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)