外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-エナジープールジャパン株式会社

産業:環境/エネルギー

PDF版PDFファイル(288KB)

デマンド・レスポンスのオペレーションを行う欧州で最大手のエナジープール社は、工場などの産業施設を中心に、電力消費の抑制やそれに伴うコスト削減にむけたソリューションを提供している。日本においてもデマンド・レスポンスのサービスを展開するため、2015年6月、東京に子会社とともに、オペレーション・センターを設立。エナジープールジャパン株式会社の取締役・国際事業開発担当であるギオーム・フェルネ氏に、同社の日本への進出の経験と事業展開について聞いた。


エナジープールジャパンの親会社であるEnergy Pool Développement社(以下、エナジープール社)は、フランス初のデマンド・レスポンス・オペレーターとして2009年に設立された。現在、欧州最大の産業向けデマンド・レスポンス・オペレーターである。2010年にはSchneider Electric社と戦略的提携関係を構築し、英国やベルギーに進出。2011年の東日本大震災後に起こった電力不足問題を契機として日本市場への参入に関心を持つようになった。続いて日本政府が電力市場改革を進めるにともない、日本市場への展開が具体的に検討され始めた。その後、経済産業省が実施した実証実験への参加を経て、2015年6月、日本に子会社を設立。現在、日本企業約10社にサービスを提供しており、今後も顧客数の拡大を見込んでいる。

エナジープール社のデマンド・レスポンス

フェルネ氏によると、エナジープール社のデマンド・レスポンス・ソリューションは日本ではまだ新しいものだという。デマンド・レスポンスとは電力需要のピーク時に電力の使用抑制を促し、ピーク時の消費を抑え、電力の安定供給を図る仕組みである。こうした仕組み自体は以前から日本にも存在したが、従来は電力消費のピーク時に電力会社が企業や工場などにファックスを送り、電力使用の抑制を依頼する形がとられていた。エナジープール社は、この一連のプロセスを自動的に行い、効率的に節電が行われるようサービスを提供している。
エナジープール社の専門職員は顧客企業に聞き取り調査を行い、電力会社から電力使用抑制の要請があった場合、どのような方法、段取りで対応するのか、顧客企業ごとに独自のシナリオを作成する。そのシナリオをもとに、同社が作成したアルゴリズムが、どの工場で、どのくらいの電力を、何時間削減すればよいのか計算をおこなう。さらに、電力会社にはボタンひとつで電力使用抑制を要請できるシステムを導入。これにより、電力抑制が要請されると、自動的にエナジープール社のシステムに信号が送られ、直ちにアルゴリズムが、どの工場で、どのシナリオに沿った削減を行うべきかを計算し、顧客企業にその対応策を連絡する仕組みになっている。
「我々の仕事とは、常に準備完了の状態にしておくことだ」とフェネル氏は言う。アルゴリズムがいつでも最善のシナリオを導き出し、いざ電力会社から抑制依頼があった際には、迅速に電力の消費抑制をできるようにしている。

エナジープールジャパン株式会社のオペレーション・センター

日本への進出は「ニッチな市場を狙った」

前述の通り、同社は2011年の東日本大震災の電力不足問題以降、日本市場には常に関心を持ち、「自社が貢献できる余地は大きい」とフェネル氏は感じていた。しかし、2011年当時は会社もまだ小さく、海外進出も始めたばかりであったため、日本は遠く、市場も大きすぎると感じていたという。数年後、日本でのビジネス経験が豊富なSchneider Electric社と戦略的提携を結び、同社から日本へ進出してはどうか、との打診があった。しかし、「当時はまだ自信がなかった」とフェルネ氏は話す。その後、英国やベルギーでの事業展開で成功をおさめたことで自信がつき、日本への進出に至った。
進出当時に感じていた日本での成功の確率は「10%」。しかし、市場調査を進めているうちに、日本には競争相手がいないことが分かった。当時の電力不足問題を受けて、デマンド・レスポンスのビジネスに参入する企業は多かったが、そのほとんどが家庭やオフィスビル、商業ビルなどを対象としており、工場や産業施設を対象としている企業はなかったと言う。同社は、自社の持つサービスの独自性に確信を持つようになった。
また、政府による電力市場改革の後押しも大きかったという。実証実験への参加によって日本市場での経験を蓄積したと同時に、電力市場の改革が進んでいることも実感した。今では、日本市場で成功できる確率は「90%」と自信を持つ。

パートナー企業の存在

日本市場への進出にあたって大きな助けとなったのがパートナー企業の存在だ。既に提携していたSchneider Electric社の協力が非常に重要であった。同社は市場開拓の経験が豊富な人材を提供してくれた。さらに、同社の支援によって日本企業とのコネクションを迅速に作ることができた。政府各機関の関係者とのパイプ作りも、Schneider Electric社のようなパートナー企業の協力があってはじめて可能となった。「パートナー企業の存在なしに、日本への進出は不可能だった」とフェネル氏は振り返る。

エナジープールジャパン株式会社
取締役・国際事業開発担当 ギオーム・フェネル氏

ジェトロのサポート

「フランスと日本の両方でジェトロの担当者と会い、人材探し、会社登記、税務などについて相談でき、たいへん有意義だった」とフェネル氏は話す。
日本に進出した当時は分からないことも多く、どういった情報を信用してよいのか、判断に困ることもあったと言う。ジェトロを通して信頼できるサービス・プロバイダや専門家と出会い、情報を得るためのコンタクト先を増やしていった。これらのネットワークは、会社を設立してから時間がたった今でも活かされている。
フェネル氏はジェトロのサービスについて、「大海に浮かぶ小船が、霧の中でひとすじの光を見たようだった。知らない世界を進む際の、ナビゲーターのような存在だ」とフェネル氏は語った。

(2016年7月取材)


同社沿革

2009年 フランス初のデマンド・レスポンス・オペレーターとして会社を設立
2010年 Schneider Electric社と戦略的提携を結び、国際展開を開始
2013年 同社初の国際拠点を英国とベルギーに設立
2014年 カメルーン、ノルウェー、日本での事業展開を開始。国際展開を加速。
2015年6月 東京都にエナジープールジャパン株式会社を設立
2015年9月 都内の新しいオペレーション・センターへ移転

エナジープールジャパン株式会社

設立 2015年6月
事業概要 デマンド・レスポンス
親会社(グループ) Energy Pool Développement(フランス)
住所 〒108-0023 東京都港区芝浦2-15-6 オアーゼ芝浦MJビル
URL http://www.energy-pool.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロの支援

  • 登記・税務に関するコンサルテーション
  • サービスプロバイダ(不動産業者、人材紹介会社)の紹介サービス

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)