1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 対日投資サクセススト-リ-
  4. 外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-
  5. ディーエスエムジャパン エンジニアリングプラスチックス株式会社
外資の対日投資成功事例 - サクセススト-リ-

ディーエスエムジャパン エンジニアリングプラスチックス株式会社

産業:その他製造業

PDF版PDFファイル(318KB)

photo

オランダ発祥のライフサイエンス及びマテリアルサイエンス事業を展開するDSM社の一部門である、ディーエスエムジャパン エンジニアリングプラスチックス社は2003年東京に株式会社を設立。2013年には横浜にジャパンテクニカルセンターを開設し、日本国内のみならず海外にも高い技術を活かしたソリューションを提供している。

ディーエスエムジャパン エンジニアリングプラスチックス社の親会社であるロイヤルディーエスエム社(以下、DSM 社)は1902年国営炭坑会社としてオランダで創業。その後、肥料・石油化学・機能化学等へと事業領域を拡大し、現在、世界55カ国・200ヶ所以上の拠点で、ビタミンをはじめとした栄養素等を取り扱う「ライフサイエンス事業」及び工業用のプラスチック素材等を取り扱う「マテリアルサイエンス事業」を展開している。

1980年初頭に駐在事務所を設立したのが日本進出の始まりで、1990年にはディー・エス・エムジャパン株式会社を設立。2003年にはマテリアルサイエンスを扱う部門として、ディーエスエムジャパンエンジニアリングプラスチックス株式会社(以下、DJEP社)が設立された。

同社は2013年4月横浜にジャパンテクニカルセンターを開設。日本に研究開発拠点を置くことで、国内メーカーのニーズに素早く対応するとともに、グローバルトレンドや最新の知見を応用した技術開発・イノベーションを進めている。

DJEP社の強み

DJEP社は世界でも有数の高機能で耐熱性に優れたプラスチック素材の供給会社で、同社の製品は国内外で、自動車や携帯電話、パソコンの部品等の材料として使用されている。2010年には三菱化学よりナイロン樹脂事業を取得。これにより新たな製品が加わり、日本における存在感がさらに高まった。現在、PA6と呼ばれるナイロン樹脂の国内シェアは約20%を誇る。

同社の強みは、アジア・欧州・北米それぞれの生産・販売拠点を活かした「グローバル供給力」である。これにより、世界各地に生産拠点を持つメーカーにもスムーズに商品を提供できる。東日本大震災を機にサプライチェーンを見直す動きがある中で、同社の「グローバル供給力」に関心を持つ顧客も出てきたという。

さらに同社は「優れた用途開発力」も兼ね備えている。顧客のニーズに合わせて個別に商品を開発するため、化学だけでなく機械や部品についての豊富な知識を持つエンジニアを擁している。顧客と専門用語で深く技術的な議論ができる体制を整え、ニーズを深堀していくことで、他社にはないソリューションを提供している。

日本市場の魅力

DJEP社の代表取締役副社長である吉田氏は、日本市場には大きく分けて2つの魅力があるという。1つ目は「優良な顧客の存在」である。日本にはグローバルに展開する自動車やエレクトロニクスメーカーが数多く存在する。これらの企業に製品を採用してもらえれば、世界各地の生産拠点へ幅広く製品を提供できる。グローバル企業であっても、製品仕様の決定は本社(=日本)で行うことが多いので、日本企業に当社の製品を採用してもらうために、日本に拠点を置くことの意義は大きい。「世界をリードする日本の企業とお付き合いできる可能性があるとい うだけでも、日本に進出する価値は十分あると思います」と吉田氏は話す。

2つ目は、「国内メーカー企業の高いイノベーション力」である。エンジニアリングプラスチック業界では製品の一部に用いられている金属をいかに樹脂に置き換えていくかが重要となる。日本では、その際必要となる高度な設計技術が日々新しく開発されている。「日本でビジネスを行うことで、国内企業がリードするイノベーションに積極的に参画できるようにしていきたい」という。

ジャパンテクニカルセンターの設立

DJEP社は2013年に同社にとって日本初となる研究開発拠点としてジャパンテクニカルセンターを神奈川県横浜市に設立した。延床面積740平方メートルの敷地内には、テスト用の試験機器だけでなく、新製品のサンプルを作ることができる、小規模な試作品生産ラインも備えている。同センターを設けることで、第三者機関や海外のテクニカルセンターに委託していた商品の評価や情報提供サービスを日本で自ら行うようになり、顧客の様々なニーズに素早く対応できるようになった。日本企業の高い要求レベルに応え、商機を捕らえるためにも研究開発拠点の果たす役割は大きい。

設立からわずか2年程であるが、同センターの稼働率は非常に高い。センターの質の高さは海外のDSMグループ会社にも知られており、「海外からわざわざ日本で評価をお願いしたい、という連絡もくるほど」だという。

今後の事業展開

同社の製品が日本のグローバル企業に採用され、世界各国の生産拠点で導入される例が少しずつ出てきており、今後更なる事業の拡大を計画している。「横浜のテクニカルセンターを活用し、顧客の商品開発プロセスに積極的に関わっていきたい」と吉田氏は意欲を示す。日本企業が展開するグローバルビジネスには参入の余地があると見ており、日本は同社のアジア戦略の中で重要な拠点の1つとなっている。

またDSM社はグループ全体でオープンイノベーションを推進している。日本でも2012年からオープンイノベーションの取り組みを開始。イノベーティブな知識やアイデアを持った企業や大学と連携することで、世界に展開する日本発のビジネス創出を目指している。

photo

ディーエスエムジャパン エンジニアリング プラスチックス株式会社 代表取締役 副社長 吉田 浩 氏

自治体やジェトロのサポート

ジャパンテクニカルセンターの設立には、経済産業省の「アジア拠点化立地推進事業費補助金」、横浜市の「横浜市重点産業立地促進助成制度」が利用されている。ジェトロ対日投資部は、インセンティブ情報提供の他、「アジア拠点化立地推進事業費補助金」制度の事務局として申請事務補助等の各種コンサルテーションを行った。

「国や自治体からのサポートが、拠点設立決定の後押しになった。様々な候補地を巡った結果、十分な土地があり、交通の便も良い横浜市への進出を決めた」と吉田氏は語る。さらに国や自治体との関係構築により、同社との取引開始を検討している顧客に対し、「国から正式に助成対象として認められている企業」として印象付けることもできたという。

(2015年9月取材)


同社沿革

1902年 オランダのへーレンで創業
1980年初頭 日本(東京)にDSM駐在員事務所を設立
1990年 日本にディー・エス・エム ジャパン株式会社を設立
1997年 JSR社との合弁でDSMJSR エンジニアリングプラスチック株式会社を設立
2003年 ディーエスエムジャパンエンジニアリングプラスチックス株式会社を設立
2013年 横浜にジャパンテクニカルセンターを開設

ディーエスエムジャパン エンジニアリングプラスチックス株式会社

設立: 2003 年10 月(創業1961年)
事業概要: マテリアルサイエンス事業
親会社: Royal DSM N.V.
住所: 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
URL(親会社): http://www.dsmjapan.com外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロの支援

  • インセンティブ情報の提供
  • 補助金申請事務に係るコンサルテーション

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)