地域進出支援ナビ 横浜市

投資情報コンシェルジュ

投資に関するお問い合わせ

経済局国際ビジネス課外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

横浜市中区真砂町2丁目22番地 関内中央ビル5階
Tel: 045-671-3834・3837Fax: 045-664-4867
ke-kokubi@city.yokohama.jp

みなとみらい21地区

  • 複数の地方自治体へのコンタクトをご希望の場合などには、ジェトロ新しいウィンドウで開きますまでご連絡ください。
  • 投資に関わりのないお問い合わせにつきましては、ご回答ができない場合がございます。予めご了承ください。

情報更新:2017年7月

IT

(関連する分野: ICT、エレクトロニクス)

当該業種の産業集積の魅力

横浜周辺には世界に冠たるエレクトロニクスメーカーや研究開発拠点が多数立地し、これらをサポートする技術系中小企業が重層的に集積している。また市内には新横浜地区の半導体開発をはじめ、横浜駅周辺のソフトウェア開発、関内・山下地区のデジタルコンテンツ制作など特徴あるIT産業の集積が見られ、創造的な事業活動を展開している。さらに市内には、これら企業や研究所で働く市民が暮らしており、専門的・技術的ノウハウのある人材が豊富である。

当該業種の主な地元企業名

富士ソフト(株)
(株)マクニカ
(株)ソシオネクスト
(株)図研
パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)
イノテック(株)
コーエーテクモホールディングス(株)
(株)アイネット
(株)ネオジャパン

当該業種の主な既進出外資企業

アーム(株)
日本ケイデンス・デザイン・システムズ(株)
ウィプロ・リミテッド(日本オフィス)
レノボ・ジャパン(株)

当該業種の主な教育・研究機関

東京工業大学
横浜国立大学
慶應義塾大学
情報セキュリティ大学院大学

当該業種の主な産業クラスター計画、特区、産学官連携

横浜市には、半導体設計開発等のハードウェアを中心にIT関連企業が数多く集積し、技術者の交流を目的とした「横浜ITクラスター交流会」が活動している。
産学官連携については、市内9の理工系大学、TLO(技術移転機関)及び理化学研究所等優れた研究成果を誇る機関が立地し、各技術の専門家が、市内中小企業と大学の結びつけや、産学交流の場の創出、共同研究プロジェクトの編成等の支援を行っている。

バイオ

(関連する分野: ライフサイエンス)

当該業種の産業集積の魅力

横浜市は、バイオ関連企業の集積や販路開拓の支援、企業間の技術連携や産学官連携の促進などバイオ関連産業の活性化に取り組んでいる。また、横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP. 横浜)を立ち上げ、企業・大学・研究機関の連携を強化して、プロジェクトを創出するとともに、中小企業が進める研究開発・製品化の支援を進めている。

当該業種の主な地元企業名

(株)ファンケル ヘルスサイエンス
(株)メディネット
(株)リプロセル
(株)テクノメディカ
(株)バイオメッドコア
ジェイファーマ(株)
(株)サカタのタネ
(株)PRISM Pharma
JITSUBO(株)
(株)パイオラックスメディカルデバイス

当該業種の主な既進出外資企業

ブルカー・エイエックスエス(株)
日本チャールス・リバー(株)
(株)パーキンエルマージャパン
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)

当該業種の主な教育・研究機関

横浜市立大学
東京工業大学(ライフ・エンジニアリング機構)
慶應義塾大学
理化学研究所横浜事業所
旭硝子(株)中央研究所
キリン(株)基盤技術研究所
田辺三菱製薬(株)横浜事業所
日本たばこ産業(株)医薬探索研究所
Meiji Seikaファルマ(株)医薬研究所
(株)資生堂リサーチセンター
(株)リコー中央研究所

当該業種の主な産業クラスター計画、特区、産学官連携

横浜市ではバイオ産業の集積のために、バイオ分野における産学官連携に歴史とノウハウを有する木原記念横浜生命科学振興財団を中核的推進組織と位置づけ、人的ネットワークの拡大とバイオ企業支援事業の拡充を進めるとともに、企業と大学等研究機関の共同研究の支援、横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP.)において中小企業が進める研究開発に関する事業計画の策定支援など、総合的な振興策に取り組んでいる。