1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 地域への投資
  4. 横浜市:ビジネス情報

地域進出支援ナビ 横浜市

投資情報コンシェルジュ

投資に関するお問い合わせ

経済局国際ビジネス課外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

横浜市中区真砂町2丁目22番地 関内中央ビル5階
Tel: 045-671-3834・3837Fax: 045-664-4867
ke-kokubi@city.yokohama.jp

みなとみらい21地区

  • 複数の地方自治体へのコンタクトをご希望の場合などには、ジェトロ新しいウィンドウで開きますまでご連絡ください。
  • 投資に関わりのないお問い合わせにつきましては、ご回答ができない場合がございます。予めご了承ください。

情報更新:2017年7月(基礎情報 2018年9月)

基礎情報

人口 *1 374万人
労働力人口 *1 180万人
面積(平方キロメートル)*2 437.5
GDP (名目) *3 13兆5429億円
主要産業 サービス業、不動産業、卸売・小売業、製造業、運輸・通信業
賃金 *4 初任給 大卒 (平均) ※
初任給高専・短大卒 (平均) ※
初任給高卒 (平均) ※
労働者所定内給与額 (平均) ※
用地 (1平方メートル当たり) *5 工業地価格 (平均) ※
商業地価格 (平均) ※
事業所数 *6 130,534事業所
従業者数 *6 1,573,667人
自治体の海外事務所

ドイツ(フランクフルト)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます中国(上海)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 、(公財)横浜企業経営支援財団が運営) 、インド(ムンバイ)

管轄ジェトロセンター

ビジネス環境PR

産業・経済の特長

横浜は人口370万人を擁するわが国第2の大都市である。日本を代表する国際貿易港があり、利便性の高い鉄道や道路などの交通網、羽田空港への優れたアクセスなどに加え、緑豊かな住環境や優秀な人材、広大なマーケットなど、ビジネスに必要な環境が整っている。観光やコンベンション開催地として多くの人々が訪れる活気あふれる街でもある。
横浜市はまた、国内最高レベルの企業立地促進施策をはじめ、豊富なメニューで企業進出を支援している。様々な活動を通じて、首都圏にふさわしい業務機能や先端技術産業の集積を進めている。

関連リンク
産業クラスター、プロジェクト: IoTオープンイノベーション・パートナーズ(I・TOP横浜)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
産業クラスター、プロジェクト: 横浜ライフイノベーションプラットフォーム(LIP.横浜)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

既進出外国企業事例

横浜市には182社の外資系企業が本社を設置しており(出典:外資系企業総覧2016東洋経済新報社)、都市別にみると東京についで全国第2位である。
市内には、横浜ワールドビジネスサポートセンター(WBC)、ジャーマン・インダストリー・パーク(GIP)など外資系企業が集積しやすい拠点が複数あり、外国企業が日本進出する際の立地コストの低減や日本市場参入の円滑化に寄与している。また、賃料助成などのインセンティブも用意している。

企業名 ミューラージャパン株式会社 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 米国
業種

ヘルスケア用品の販売

進出時期 2007年12月
既進出外国企業の体験談

国際空港や新幹線へのアクセスがよく、東京に比較して、物価も安く、自然にあふれ、生活環境として優れた特性を有し、よいイメージがある横浜を立地先として当初から考えていた。
しかし、決め手になったのは、横浜市、神奈川県、ジェトロのスクラムを組んだ応援である。非常に迅速な対応や、気さくで熱心なアドバイス、スタートアップオフィスなどの支援があったため、当初の予定に比べて半分の期間で立ち上げることができたことを感謝している。

企業名 レノボ・ジャパン株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 中国
業種

コンピュータ・情報通信

事業概要

横浜は研究開発センター

進出時期 2011年1月
既進出外国企業の体験談

みなとみらい21にある「レノボ・ジャパン大和研究所」は、レノボにとって、日本、米国、中国の「イノベーション・トライアングル」と呼ばれる、極めて重要なPC開発拠点です。企業向けノートPC「ThinkPad」シリーズはここで開発されています。
大和研究所は、その名の通り、もともとは大和市の住宅街にあったのですが、グローバルに展開し発展していくIT企業としてふさわしい環境を求めて、2011年みなとみらい21に移転しました。先進的なオフィス街なのに観光地でもあり、国内外から訪問される方々からもたいへん好評です。ここにいると社会や世界を感じることができ、視野も広がると思います。オフィスからは海が見え、集中するにもリフレッシュするにも素晴らしい環境です。みなとみらい21から、世界をリードするイノベーションを創造していきます。

企業名 BASFジャパン株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 ドイツ
業種

総合化学会社

事業概要

横浜イノベーションセンターにて、エンジニアリングプラスチック分野でのテクニカルサポート(エンジニアリングプラスチック・イノベーションセンター)、および、素材やデザインに関するアイデアを提案(デザインファブリーク東京)

進出時期 2012年3月

インセンティブ

大規模な企業立地(土地・建物など固定資産の取得)に対する税の軽減措置や助成金、オフィスビル入居等に対する助成金、工場の立地等に対する助成金、新たに市内進出する中小企業や起業家・ベンチャー企業に対する融資など、豊富なメニューで企業の横浜進出をサポートしている。

インセンティブ名

企業立地促進条例(取得型)

インセンティブ種類 補助金、税軽減
インセンティブ対象業種

詳細は要問合せ

インセンティブ概要 (要件等)

市内の特定地域に事務所、研究所、工場等を建設取得する企業に対して、市税軽減措置(5年間税率1/2)及び助成金(最大50億円)を交付

インセンティブ名

企業立地促進条例(テナント型)

インセンティブ種類 補助金
インセンティブ対象業種


インセンティブ概要 (要件等)

市内の特定地域において、本社機能や研究開発機能を設置するために賃貸オフィスビルに入居する企業に対して、助成金を交付(最大4億円)(外資系企業最大5億円)
※市民雇用の実績に応じて助成金を上乗せする制度もあり

インセンティブ名

成長産業立地促進助成制度

インセンティブ種類 補助金
インセンティブ対象業種

環境・エネルギー、健康・医療、観光・MICE等

インセンティブ概要 (要件等)

市内での事業所等の設置に対して、最大1,000万円の助成金を交付

関連リンク
企業立地ガイド: 企業誘致ガイド外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
インセンティブ: 立地企業へのサポート外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

市内には外国企業が拠点を構えるまでのスタートアップオフィスおよびインキュベートオフィスがある。

  • スタートアップオフィス
    IBSCかながわ( ジェトロ横浜 情報センター内)
    約20平方メートル 3室、最長50営業日入居可
  • インキュベーションオフィス
    横浜ワールドビジネスサポートセンター(WBC) アドバイザーによる個別相談、メールマガジン・引き合い情報サービス、オフィススペース提供(6~33平方メートルの家具付き22室、最長3年間入居可)

両施設とも外資系企業が横浜でビジネスを開始するにあたり相談や情報提供などの支援を行っている。

WBC インキュベートオフィス

主な支援施設

パートナー候補企業等のデータベース情報