1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 地域への投資
  4. 札幌市:ビジネス情報

地域進出支援ナビ 札幌市

世界屈指のイノベーティブなまち札幌を目指す

投資情報コンシェルジュ : 大宮 弘之

投資に関するお問い合わせ

経済観光局産業振興部立地促進・ものづくり産業課外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

〒060-8611 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
Tel: 011-211-2362 Fax: 011-218-5130
business@city.sapporo.jp

札幌市

  • 複数の地方自治体へのコンタクトをご希望の場合などには、ジェトロ新しいウィンドウで開きますまでご連絡ください。
  • 投資に関わりのないお問い合わせにつきましては、ご回答ができない場合がございます。予めご了承ください。

情報更新:2017年7月(基礎情報:2018年9月)

基礎情報

人口 *1 196.6万人
労働力人口 *1 93万人
面積(平方キロメートル) *2 1,121.3
GDP (名目) *3 6兆 5667億円
主要産業 卸売・小売業、サービス業、情報関連産業
賃金 *4 初任給 大卒 (平均) ※
初任給 高専・短大卒 (平均) ※
初任給 高卒 (平均) ※
労働者所定内給与額 (平均) ※
用地 (1平方メートル当たり) *5 工業地価格 (平均) ※
商業地価格 (平均) ※
事業所数 *6 82,285事業所
従業者数 *6 912,841人
自治体の海外事務所

中国(北京)

管轄ジェトロセンター

ビジネス環境PR

産業・経済の特長

札幌市は、全国都市の中で第5位の約195万人(近隣をあわせた札幌圏7市1町では約250万人)を擁する。
豊富な人材と高い教育水準、低廉なオフィス賃料などのビジネスコスト、そして、地震・台風・雷などの自然災害の少ない安全性が高く評価され、ソフトウェア開発などのIT企業や、IT・金融系をはじめとするコールセンター、BPOセンターの集積が進んでいる。
特に東日本大震災以降、事業継続性への関心の高まりから、重要業務の分散先として注目されている。

札幌市時計台

関連リンク
産業クラスター、プロジェクト: 北大リサーチ&ビジネスパーク外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

既進出外国企業事例

  • アクサ生命保険(株)
  • アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
  • アマゾン・ジャパン(同)
  • インガソール・ランド(株)
  • 日本メジフィジックス(株)
企業名 アクサ生命保険株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 フランス(グループ本社)
業種

生命保険業

事業概要

多様なニーズにお応えできる5つの販売チャネルを通じて生命保険分野の商品・サービスを提供している。 また、「アクサ損害保険」と「アクサダイレクト生命」を連結する親会社として、子会社各社の経営管理・監督を行っている。

進出時期 平成26年11月(札幌本社。営業は1934年から)
その地域を進出先に選んだ決め手

日本の主要都市(65都市)の中から、自然災害や雇用、転勤者への配慮などの多様なリスクや条件を考慮。北海道庁、札幌市がバックアップ拠点構想を掲げ誘致活動を行っていたこと、行政側のBCMに対する理解が深かったことなどが決定要因となった。

既進出外国企業の体験談

東京本社が被災しても事業継続できるよう、重要業務の分散体制確立の礎として札幌本社を設立した。2015年4月には事業継続マネジメントシステムに関する国際規格ISO22301を生保業界では初めて取得し、国土強靭化推進室から地域活性化に資する強靭化の取組事例として取り上げられた。札幌本社を支える良質な現地採用の人材も確保でき、雇用者数の推移も順調である。札幌本社設立以降も、諸課題について継続的に行政と相談できることが基盤構築の大きな支えとなっている。

企業名 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 アメリカ
業種

生命保険業

事業概要

お客様の、がんをはじめとした病気やケガ、介護にまつわる不安を少しでも取り除き、 自分らしく生きていただくためのお役に立てるよう、「生きるための保険」のリーディングカンパニーとして、がん保険や医療保険などの商品、サービスを提供している。

進出時期 平成28年4月(札幌システム開発オフィス。日本での営業は1974年から)
その地域を進出先に選んだ決め手

自然災害によるリスクの低さや優秀な人材の豊富さなどの点で、IT 部門の業務分散拠点として最適であった。

既進出外国企業の体験談

大規模災害リスクに備えた事業継続体制のさらなる強化を図るため、重要な本社機能であるIT システム開発機能の一部を北海道札幌市に移転し、「札幌システム開発オフィス」を開設、システム開発部門の二拠点化を実現した。当社はこうした事業拠点の分散と重要業務の移転により生命保険事業の継続性を強化し、大規模災害の発生などいかなる状況においても、お客様へのサービスを継続的に提供できる体制を構築していく。
また、当オフィスでは、2017年末までに100人体制を目指し、そのうち6~7割を現地採用する予定で、現在UIターン人材を含め、非常に優秀な人材を順調に採用している。

インセンティブ

札幌に適したコールセンター業、BPO産業、IT・デジタルコンテンツ産業、バイオ産業、食品製造業等のものづくり産業などの進出を支援する制度を設け、積極的な企業誘致活動を行っている。
進出企業への補助金をはじめとして、オフィス選定の相談や人材採用のサポート、研修などの人材育成支援を行うなど、進出企業が安定して事業を継続・拡大できるよう、きめこまやかなフォローアップを行っている。

インセンティブ名
インセンティブ種類 補助金
インセンティブ対象業種

コールセンター、BPOセンター等

インセンティブ概要 (要件等)

初進出:最高1,000万円×3年間
増設・拡張:最高1,000万円
本社機能移転:最高1億2,000万円(3年間合計)

※金額は正社員、常用雇用者の人数(本社機能移転は開設費含む)による。

インセンティブ名
インセンティブ種類 補助金
インセンティブ対象業種

IT、デジタルコンテンツ、バイオ

インセンティブ概要 (要件等)

人件費:最高600万円×2年間
※金額は正社員の人数による。

開設費:最高800万円
※金額は工事費、機器購入費の2分の1

インセンティブ名
インセンティブ種類 補助金
インセンティブ対象業種

製造業、物流業等

インセンティブ概要 (要件等)

初進出:最高10億円
増設・拡張:最高5億円

※金額は業種、設備投資規模等による。

対日投資支援サービス

拠点設立支援 インキュベーション施設等の施設提供

主な支援施設