1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 地域への投資
  4. 宮崎県:ビジネス情報

地域進出支援ナビ 宮崎県

豊かな食と技術の集積を目指す日本のフードの拠点、宮崎

投資情報コンシェルジュ : 畑江 史寛

投資に関するお問い合わせ

商工観光労働部 企業立地推進局 企業立地課 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
Tel: 0985-26-7096 Fax: 0985-26-0219
kigyorichi@pref.miyazaki.lg.jp

シェラトン・リゾート・フェニックス・シーガイア

  • 複数の地方自治体へのコンタクトをご希望の場合などには、ジェトロ新しいウィンドウで開きますまでご連絡ください。
  • 投資に関わりのないお問い合わせにつきましては、ご回答ができない場合がございます。予めご了承ください。

情報更新:2017年7月(基礎情報2018年8月)

基礎情報

人口 *1 110万人
労働力人口 *1 53万人
面積(平方キロメートル)*2 7,735.32
GDP (名目) *3 3兆6,339億円
主要産業 農林水産業、サービス業、製造業(食料品、電子部品・デバイス、化学、ゴム製品、飲料、繊維)
賃金 *4
初任給大卒 (平均)
18万5,700円
初任給高卒 (平均)
15万700円
労働者所定内給与額 (平均)
23万5,500円
用地 (1平方メートル当たり) *5
工業地価格 (平均)
13,800円
商業地価格 (平均)
38,800円
事業所数 *6 56,479事業所
従業者数 *6 500,829人
自治体の海外事務所

中国(上海、香港)

管轄ジェトロセンター

ビジネス環境PR

産業・経済の特長

「太陽と緑の国」と称される宮崎県は、豊かな自然環境と広大な土地、ふりそそぐ太陽を浴びて育った農産物、そして豊かな土壌に育まれたおおらかで真面目な県民気質などの特徴がある。特に、高い出生率を背景に労働人口は豊富である。また、宮崎県では、新しい時代を見据えて、フードビジネスの成長産業化や、次世代エネルギーとして期待される太陽光発電の推進、医療産業の拠点づくりなどのプロジェクトも進行中である。

既進出外国企業事例

  • バクスター(株)
  • ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)
  • デル(株)
企業名 バクスター株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 米国
業種

腹膜透析用透析液

事業概要

医薬品、医療機器の開発・製造販売

進出時期 1990年
その地域を進出先に選んだ決め手
  • 豊富で良質な水資源
  • 県や地元の立地に対する熱意・サポート体制
既進出外国企業の体験談
企業名 ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 米国
業種

製品の販売促進や適正使用の普及を図るためのユーザー向け教育センター

事業概要

1.医療機器の輸入および販売
2.医療に関する情報提供サービス
3.医療に関するセミナー、講演会、展示会の開催等
4.医療機器の臨床開発、薬事審製、およびこれらに不随関連する業務

進出時期 1997年
その地域を進出先に選んだ決め手
  • 安全な地域
  • 宮崎のパワー
  • バックアップ体制
  • カリフォルニア(米国)に似ている
既進出外国企業の体験談
企業名 デル株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国名 米国
業種

カスタマーセンター

事業概要

パーソナルコンピュータ及び周辺機器の製造、販売ならびにそれに付帯する一切の事業

進出時期 2005年
その地域を進出先に選んだ決め手
  • 行政の積極的な支援、人材の確保
  • 競合会社の少なさ
既進出外国企業の体験談

インセンティブ


インセンティブ名

補助制度

インセンティブ概要 (要件等)

限度額は九州最高の50億円である
進出先市町村の補助金と併給が可能である

インセンティブ名

宮崎県企業立地のご案内

インセンティブ概要 (要件等)

「人材確保」、「用地選定」などのご要望に県がワンストップ窓口で支援する。

関連リンク
企業立地ガイド: 宮崎県企業立地のご案内外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます