1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 更新情報
  4. 2020年
  5. 非接触型遠隔モニタリングでエルダー・ケア(高齢者介護)を革新する米国企業Tellus You Care(テラス・ユー・ケア)が東京に日本法人を設立

更新情報非接触型遠隔モニタリングでエルダー・ケア(高齢者介護)を革新する米国企業Tellus You Care(テラス・ユー・ケア)が東京に日本法人を設立

2020年06月15日

Tellus You Careのロゴ

2017年にサンフランシスコで設立されたTellus You Care, Inc.外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、自動運転に使われる最新のレーダー技術を応用し、レーダーで取得したユーザー高齢者のデータをクラウドに連携してAIで分析することによって、高齢者の遠隔見守りを実現する企業。レーダーのみで、映像や音声は記録しないため、非接触でプライバシーを守りながら対象者の屋内活動(睡眠、歩行、寝返り、転倒など)やバイタル(心拍、呼吸)情報の収集を可能とする。収集した情報はクラウドで分析され、健康管理、介護や医療の支援に使用できる。特に介護の目が届きにくい睡眠時の状態のモニタリングが可能になる。

老人介護現場の多くの課題は、介護従事者に負担をかけずにデータを収集・分析することで効率化を進めることができるが、データの精度、継続性やプライバシーの観点からウェアラブルやビデオカメラは導入が難しい場合が多い。同社の行動検知デバイスは小型・室内設置型でコンセントに挿すだけで利用可能なため、日本の一般的な住宅の1部屋に1台設置するだけで、家族など見守る側へ検知した情報を共有できる。遠隔での健康管理がより手軽になるうえに、レーダーで集めるデータは精度が高い。高齢者、介護者の両方の心理的・肉体的負担を軽減するソリューションといえる。

2019年には、NTTドコモと神戸市の市営住宅・地域施設で行なった実証をはじめ、日本での実用化に向けた事業を進めてきた。介護事業や不動産開発企業などとの連携深化による事業拡大を図るため、2020年2月に東京都に、Tellus You Care合同会社を設立した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、対面での接触を減らしながら介護施設や自宅にいる高齢者見守りを支援するテクノロジーへの期待が高まっている。

同社の日本拠点拡大に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)では、情報提供(市場)、コンサルテーション(税務)、PR支援、サービスプロバイダー紹介(弁護士、税理士)、ビジネスマッチングを行った。

実機とウェブダッシュボード


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)