1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致 -対日投資情報-
  3. 更新情報
  4. 2018年
  5. ベトナム最大手のディベロッパーVietnam Singapore Industrial Parkが東京に駐在員事務所を設立

更新情報ベトナム最大手のディベロッパーVietnam Singapore Industrial Parkが東京に駐在員事務所を設立

2018年06月26日

Vietnam Singapore Industrial Park(VSIP)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、ベトナムのBecamex IDCとシンガポールのSembcorpが率いる共同事業体による合弁企業。1996年に設立され、ベトナムで6地域、約7,400ヘクタールの工業・都市総合開発団地を管理・運営している(うち工業用地約4,500ヘクタール)。同団地には海外30カ国約800社もの企業が進出しており、約21万人が勤務している。また同社は、都市開発では職住一体型の新しい街づくりを行っており、約2,900ヘクタールの住宅・商業用地を所有するなど、工業団地を核とした総合都市開発企業へと事業拡大している。

同社の工業団地における国別の最多入居企業は日系企業で、150社を超える。また、現地法人設立サポートも行っており、日本人スタッフが日本語で案内するなど日系企業向けのサービスを提供している。

ベトナムは巨大市場中国に隣接し日本とも地理的に近く、豊富な労働力と人口約9,300万人の消費市場を抱えているため、近年多くの直接投資が行われている。製造拠点を設立するために工業団地に進出する日本企業が増えつつある。近年では不動産ディベロッパーとして都市開発の分野でベトナムに進出する日系企業も増えてきている。

日本企業によるベトナム進出への関心が集まる中、在ベトナム日系企業に対するサポートのみならず、ベトナム進出に関心のある日本企業を日本でフォローする需要が高まってきた。2018年4月、同社は東京に駐在員事務所を設置。同事務所は、ベトナム進出に関心のある日本企業に対して、ベトナムの工業団地・都市開発のPR活動(セミナーや展示会等)や市場情報の提供を行うと共に、日本企業のベトナム進出をスムーズに行うための連絡事務所としての機能を果たしていく。

駐在員事務所設置に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、テンポラリーオフィスの貸与、拠点設立に係るコンサルテーション(税務、労務)、サービスプロバイダ(税理士事務所、不動産会社)の紹介、市場情報の提供等の支援を提供した。

VSIPのロゴ

工業団地イメージ


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立等のご相談: 外国企業誘致課
Tel:03-3582-4684

事業拡大のご相談:外資系企業支援課
Tel:03-3582-8347

自治体向けサポート: 対日投資課地域支援班
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ: 誘致プロモーション課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)