更新情報インバウンドマーケティングのパイオニアHubSpot社が東京にオフィスを開設

2016年11月04日

HubSpot, Inc.インバウンドマーケティングのパイオニアでありグローバルリーダーでもあるHubSpot, Inc.外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは 米国に本社をおく、中小ビジネスを対象としたマーケティングと販売の統合プラットフォームの開発を行う企業。売り込み電話やウェブのバナー広告のように見込み客に情報を売り込む従来型マーケティング手法に対し、HubSpotのインバウンドマーケティングとソフトウェアは、HubSpotの顧客企業がブログやソーシャルメディアに質の高いコンテンツを載せることを可能にし、押し付けがましくない方法で潜在顧客の関心を惹きつけ、顧客に育てることができる。

HubSpot は、2006年マサチューセッツ州ケンブリッジでダーメッシュ・シャーとブライアン・ハリガンによって創業された。以前、ブライアンがベンチャー投資家だった頃、彼の顧客が使っていた広告やEメールリストの買い取りは高コストでありながら、彼の友人がブログを活用して生み出しているような結果を出せないことを実感した。その友人は、人々がどのように情報を消費し、商品やサービスを購入し、ソーシャルメディアで交流するまでに変化していったかを把握し、人々の新たな行動パターンや生活様式にとぎれなく彼のブログが働きかけることができるようにブログを最適化していった。この出来事がインバウンドマーケティング開発の契機となった。

HubSpot, Inc.2012年、HubSpot は、日本のマーケティング会社との提携を通じてソフトウェアの販売とローカライゼーションを開始。そして創業10年後の2016年9月に、 HubSpot は12名の日本人社員を擁する日本法人を設立した。同社は、日本人社員の研修を数週間にわたりボストンで行い、現在はバイリンガルチームが日本語によるフルサポートを行っている。

小規模な始動から、今では95カ国以上の2万以上の顧客企業がHubSpotのインバウンドマーケティングおよび販売プラットフォームを利用している。HubSpotが注目した日本市場と欧米市場の大きな違いのひとつは、日本の顧客がより高いサービスやサポートを求めることだ。HubSpotは現在、顧客企業 へ直接、あるいは世界に3,100存在する特約代理店を通して、サービスやサポートを提供している。HubSpotの東京オフィスは、ダブリン(アイルランド)、シドニー(オーストラリア)、シンガポールに次ぐ4番目の海外オフィスである。



ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は HubSpot の法人設立に際し、テンポラリーオフィスの提供、会社設立に係るコンサルテ-ション (ビザ, 税金、労務), 社員および事務所候補についての情報提供、パートナー候補企業への紹介、PR のサポートを含む支援を行った。

HubSpot, Inc. HubSpot, Inc.


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)