対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC) 企業事例

ジェトロ(IBSC)の支援により対日進出を成功させた外国企業を紹介します。

Air Asia X日本支店(マレーシア)

アジア太平洋地域における主要格安航空会社(Low Cost Carrier, LCC)。主に長距離便を運行しており、アジアやオーストラリア、中東を中心に14の国際空港に就航している。同社は、日本におけるLCCへの潜在ニーズを取り込むべく、2010年12月に東京・羽田‐クアラルンプール(マレーシア)間に週3便の就航を開始した。同社はその後、同便を週7便に増便したほか、関西空港発着便も投入している。ジェトロは、テンポラリーオフィスを貸与し、日本支店設立にあたっての税務や社会保険に関わるコンサルテーション、バックオフィス業務のアウトソーシング先の紹介などを行ったほか、同社の要望に基づき、日本の航空・観光業界に関する情報を提供した。

上海吉祥航空有限公司 (中国)

上海を拠点にアジア諸国への国際路線を多数展開する中国の民間航空会社。沖縄(那覇)、大阪(関西)に続く就航先として、2015年6月に福岡、8月に東 京(羽田)、9月に名古屋(中部)に定期便を開通。路線就航に合わせて、それぞれ福岡市内、羽田空港内、名古屋市内に営業所を開設した。ジェトロは、同社 の各空港への就航に先立って、各地方のマーケット情報の提供や関係省庁、自治体との面談アレンジを実施した。さらに、旅行代理店、ホテルなどビジネスパー トナー候補企業や人材紹介会社の紹介を行ったほか、テンポラリーオフィスの貸与(IBSC福岡、名古屋)などの支援も実施した。また、羽田便就航に伴い、 同社と共同で共同記者発表および共同記者会見を行った。

juwi 自然電力株式会社(ドイツ)

ドイツ大手の再生可能エネルギー分野のEPC(Engineering, Procurement and Construction))企業。再生可能エネルギープラントの土地探しからプラントの企画・設計、建設、資金調達および施設の運営までを手掛けるEPCの大手企業であり、世界15カ国以上で2,500メガワット以上の再生エネルギープラント建設プロジェクトに参画している。2012年7月に日本においても再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が開始されたことから、日本市場に本格的に進出するため、自然電力株式会社とともに東京都に合弁会社を設立した。ジェトロでは、テンポラリーオフィスを貸与したほか、再生可能エネルギー市場概況や自治体のインセンティブに関する情報提供等を行った。

Tommy Bahama Group(米国)

米国に本拠地を置くライフスタイルアパレルブランド。北米を中心に、100店舗以上を運営する。メンズ・ウィメンズのウェアやスイムウェア、靴、アクセサリー、インテリアなど、幅広いアイテムを展開している。近年同社は、マカオやシンガポール、香港に出店するなど、アジア進出を進めており、アジア戦略の重要拠点として、日本への出店を決めた。2013年4月、レストランとバーを併設するスタイルの路面店を米国以外で初めて東京・銀座にオープンした。ジェトロは、日本市場参入に関するコンサルテーション、輸入規制に関する情報提供、サービスプロバイダーの紹介等を行った。

その他の成功事例は「外資系企業動向」および「Success Stories」をご覧ください。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)