SUSTAINING JAPAN 課題への対応2 Prosperity

SUSTAINING JAPAN 課題への対応2 Prosperity

移動課題の解決にむけた新たなモビリティサービスの実装

※こちらはレポートのサマリー記事です。市場動向や企業事例の詳細はレポート全文に掲載しています。ページ下部のダウンロードフォームから無料で入手いただけます。


日本では、交通弱者の増加、都市部での渋滞、物流ドライバーの不足、CO2排出による気候変動の課題など、移動に関するさまざまな社会問題が深刻化しています。また、人手不足とそれに伴う地域社会での公共交通機関の維持・運営が困難となることから、今後もその傾向は続くとみられます。

国土交通省によると、道路交通需要の増加による交通渋滞や、特定の道路や時間帯の交通集中による道路交通渋滞の状況はますます深刻化しています。これらの課題にかかるコストは、数兆円単位で推計されています。

したがって、交通分野で解決策を見出すことが非常に重要です。CASE(Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(シェアリングとサービス)、Electric(電動化))の発展、そして、それらの技術を活かした交通サービスの提供概念であるMaaS(Mobility as a Service)の実現が期待されています。車両向けコネクテッドサービスの市場は、2020年から2030年にかけて4倍以上に成長すると予測されています。

図表:業務用車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスの市場規模(日本国内)

2020年度の業務用車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスの国内市場は1億1,300万ドル。 2021年度の業務用車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスの国内市場見込みは1億2,400万ドル。 2030年度の業務用車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスの国内市場予測は4億3,500万ドル。

(出所:調査会社S社のデータをもとに作成)

さらに、配車サービスやカーシェアリング、駐車場シェアリングなどの自動車関連のシェア&サービス市場の拡大、電動キックボードなどのファーストマイル、ラストマイルのパーソナルモビリティサービスの普及も期待されています。

そのため、海外の企業や技術がすでに日本の交通分野で足場を固め、地元のパートナーと協力しているのは心強いことです。例えば、フィンランドのスタートアップMaaS Globalは、2019年から都市開発におけるMaaSの実用化に向けて、大手不動産会社の三井不動産と協業を開始しました。MaaS Globalのモバイルアプリは、様々な交通手段を組み合わせてルート検索、予約、発券、決済を可能にします。MaaS Globalは、商業施設からホテル・マンションまで、三井不動産の都市開発における幅広い事業領域で適用可能なノウハウを有しています。


マーケットレポート(全文)

SUSTAINING JAPAN
SDGsを契機とした日本市場における外国企業のビジネス機会

  1. 1.

    全体概況

  2. 2.

    政府の取り組み

  3. 3.

    課題への対応1 People - 心身ともに健康でいるためのデータヘルスケア

  4. 4.

    課題への対応2 Prosperity - 移動課題の解決にむけた新たなモビリティサービスの実装

  5. 5.

    課題への対応3 Planet - 大規模自然災害やインフラ老朽化に対応するための次世代技術

メールマガジン登録

このメールニュースでは、最新の投資環境情報やジェトロが支援した外国・外資系企業の動向等を紹介します。内容は自治体によるセミナー、インセンティブ、進出事例、規制緩和トピック、産業情報などです。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)