1. サイトトップ
  2. 産業別に見る
  3. 農林水産物・食品
  4. お知らせ
  5. フィリピン向け牛肉の輸出について

フィリピン向け牛肉の輸出について

2014年3月12日

平成16年6月以降、農林水産省は厚生労働省と連携して、フィリピン政府当局との間において、牛肉輸出解禁のための検疫協議を進めてきました。
農林水産省は2014年3月11日、二国間の検疫協議が全て終了し、我が国からの牛肉輸出が認められることとなったことを発表しました。

今後、フィリピン向け輸出施設を管轄する地方自治体及び動物検疫所において、輸出に必要な衛生証明書の発行が開始されます(今後、地方自治体及び動物検疫所に通知された後、実際の輸出が可能となります)。

主な輸出条件

  • 特定危険部位(SRM)を含まないこと。
  • ピッシングや、圧縮空気もしくはガスを頭蓋腔に注入する機器を用いたスタンニングを行わないこと。
  • フィリピン向け輸出施設で処理されること。
  • 月齢制限はなし。

フィリピン向け輸出施設

  • 飛騨食肉センター/飛騨ミート農業協同組合連合会(岐阜県)
  • 滋賀食肉センター(滋賀県)
  • 株式会社ミヤチク都農工場(宮崎県)
  • 南九州畜産興業株式会社(鹿児島県)
  • 株式会社阿久根食肉流通センター/スターゼンミートプロセッサー株式会社
  • 阿久根工場(鹿児島県)

農林水産省の発表内容については、以下ウェブサイトを御参照ください。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。