1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. TPP11/日EU・EPA活用促進セミナー ―特恵関税活用のメリットと原産地証明の手続き―

セミナー・講演会TPP11/日EU・EPA活用促進セミナー ―特恵関税活用のメリットと原産地証明の手続き―

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国によるTPP11は、2018年12月30日に、日EU・EPA(経済連携協定)は、2019年2月1日に発効しています。

両EPAでは、特恵税率適用に必要なEPAに基づく原産資格を満たしていることを証明する書類である「特定原産地証明書」の発給は、第三者証明制度ではなく、輸出者、生産者又は輸入者自らが行う自己申告制度のみが採用されており、関連書類の作成・保管などを行う必要があります。

本セミナーでは、アジア太平洋地域およびEU市場でのビジネス機会の拡大につなげるべく、両EPAの概要とメリットについて説明するとともに、品目ごとの具体的な関税率の調べ方、自己証明による原産地証明の具体的な手続きについて丁寧に解説いたします。

日時

2020年12月16日(水曜)14時00分~16時00分

場所 横浜商工会議所 大会議室外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 8階(横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル8階)
テーマ

TPP11、日EU・EPAの概要と特恵関税活用のメリット

講師

ジェトロ 海外調査部 上席主任調査研究員 長島 忠之

主催・共催 ジェトロ横浜
横浜商工会議所
参加費 無料
定員 40名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します
対象:神奈川県内企業
当日の諸注意・新型コロナウイルス感染予防に関する取り組み
当日の諸注意
  • 新型コロナウイルス感染予防対策として、ご参加の際は必ずマスクをご着用いただき、発熱があると認められる方、体調不良と思われる方はご参加をお控えいただきますよう、お願い申し上げます。
  • 本セミナーについては、今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、開催中止となる場合がございます。中止となった場合には、連絡担当者に早急にご連絡いたしますので、予めご了承ください。
新型コロナウイルス感染予防に関する取り組み
  • 受付カウンター、アクリル板の設置
  • 机、イス、ドアノブ、マイク利用設備、機材等の消毒 ※マイクについては、マイク専用除菌スプレーを噴霧し除菌対応
  • 利用前に机の上、イスの背中、座面、ドアノブを消毒
  • 会議室利用前後の換気
  • 利用者(主催者・登壇者等)および参加者のマスク着用、事前検温、体調確認
  • 会議室入室前における参加者の手指消毒の周知・徹底
  • 講師は以下の条件を満たした上で、マスクを外して講演を行う場合があります
    1. 演題にアクリルパネルを設置。
    2. 講師の説明位置から最前列の着席との距離を4m以上あける。
    3. 演台にアクリルパネルを設置する場合、講師が立った状態では飛沫感染予防対策が不十分となることから、講演中、講師は着席する。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2020年12月11日(金曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ横浜 (担当:鎌田、佐藤)
Tel:045-222-3901 Fax:045-662-4980 
E-mail:yok@jetro.go.jp