1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 米国 食品輸出セミナー

セミナー・講演会米国 食品輸出セミナー

募集は締め切りました。

米国は日本からの農林水産物・食品の輸出国第2位であり、今後も日本からの輸出先として引き続き大きなマーケットです。山形県からも多くの食品が輸出されていますが、米国へ輸出する事業者が対応する必要がある米国食品安全強化法(FSMA)については、あまり認識されていないのが現状です。

そのため、ジェトロ山形では、米国食品安全強化法に関するセミナーを開催し、米国へ輸出する際に事業者の皆様が対応すべき事項について解説します。米国輸出の際は必要なものですので、ぜひご参加ください。

※本事業は、農林水産省補助金事業の一環として実施します。

日時

2019年8月29日(木曜)13時00分~15時30分

場所 山形県庁外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 10階 1002会議室(山形市松波2-8-1)
内容
13:00-13:10
主催者挨拶
13:10-14:10
講演
  1. FSMAの概要、食品安全計画の作成など事業者が必要な対応
  2. 米国 食品医薬品局(FDA)による食品関連施設の査察での指摘事項等
14:10-14:20
質疑応答
14:30-15:30
個別相談(30分×2社・事前予約制)
講師
ジェトロ農林水産・食品課 調査チーム 米国担当 高松 晃子
2006年4月日本貿易振興機構入構、海外調査部を経て、2013年7月から農林水産・食品部にて米国の食品安全・輸入関連制度の調査を担当。
主催・共催 ジェトロ山形
山形県
後援 山形県国際経済振興機構、山形県食品産業協議会、やまがた食産業クラスター協議会
参加費 無料
定員 30名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します

お問い合わせ先

ジェトロ山形 (担当:長谷川、神野)
Tel:023-622-8225 Fax:023-623-1014 
E-mail:yat@jetro.go.jp