1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 日本産水産物輸出商談会 inマレーシア(山口)

展示会・商談会

日本産水産物輸出商談会 inマレーシア(山口)

募集は締め切りました。

日本からの農林水産・食品輸出(金額ベース)で第12位の相手国(2016年財務省貿易統計)であるマレーシアは、食への関心が非常に高く親日的な国です。

イスラム国家であるため現地で消費される食品に制限(ハラール)はありますが、中華系富裕層を中心に日本食は好まれています。クアラルンプール市内には日本食レストランが約600店舗あり、有望な市場として注目を集めています。

これらを背景にジェトロ山口は、同国の代表的な商業都市クアラルンプールで現地バイヤー(輸入業者、小売業者、レストラン関係者など)との商談会を開催します。

マレーシア市場への新規参入もしくは販路拡大にご関心のある事業者の皆様は、是非この機会をご活用ください。

日時

2018年1月24日(水曜)、25日(木曜)

  • 24日(水曜) 午前:事前オリエンテーション / 午後:市場視察(希望者のみ)
  • 25日(木曜) 13時00分~18時00分:商談会
場所 JWマリオット クアラルンプール 外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます (183, Jalan Bukit Bintang, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia)
内容
主催
山口県庁、ジェトロ山口
募集対象
マレーシアにおいて、日本産水産物・水産加工品のPRおよび同地域への輸出に関心のある山口県内企業および山口県内生産者団体等
対象品目
マレーシアに輸出可能な日本産の水産物・水産加工品
※対象外:豚、豚由来エキスを含むノンハラール食品(会場への持ち込みが禁止されているため)
開催方法
現地集合・現地解散型
参加費

参加費は無料。ただしお客様でご負担いただくものがあります。「参加者自身が負担するもの」をご覧ください。

ジェトロが負担するもの
オリエンテーション・商談会を実施する経費(会場費、通訳費、バイヤー来場者アレンジ費、共用設備レンタル料)、通訳手配費等
水産物・水産加工品輸出拡大協議会が負担するもの

「参加者各自が負担するもの」のうち旅費、宿泊費、輸送費、食材費等実費の2分の1

  • 1社1名に限り、30万円を上限とします。(加工事業者、商社等が複数での渡航も可)
  • 出張期間は出国日を含めて最長10日間。
  • 飲食費および商談目的以外の日程にかかる宿泊費、交通費等は含まれません。

その他詳細、申請方法やお問い合わせ先は以下PDFファイル(水産物・水産加工品輸出拡大協議会)をご参照ください。

参加者各自が負担するもの
日本、マレーシア間の往復航空券代(燃料サーチャージ、空港税・出入国税、保安料、航空保険料含む)、宿泊費、企業訪問や市場視察時以外の移動に伴う交通費、食事代、商談に使用するサンプル・試食用食材費、試食用消耗品(紙皿、紙コップなど)、梱包・輸送費、その他「ジェトロが負担するもの」、「水産物・水産加工品輸出拡大協議会が負担するもの」に定める以外の経費等
定員 3社
※お申し込み後、ジェトロ山口で選考を行い、参加の可否は2017年11月上旬までにジェトロ山口よりお申し込み者に直接ご連絡します。

お問い合わせ先

ジェトロ山口 (担当:若林)
Tel:0832-31-5022 Fax:0832-33-3506 
E-mail:yac@jetro.go.jp