1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 貿易実務講座「貿易実務に役立つ通関知識基礎講座」 ―生産者・輸出者によるTPPおよび日EU・EPAの自己証明による原産地証明・原産地申告文書作成とは―

セミナー・講演会貿易実務講座「貿易実務に役立つ通関知識基礎講座」 ―生産者・輸出者によるTPPおよび日EU・EPAの自己証明による原産地証明・原産地申告文書作成とは―

ジェトロ富山では、貿易実務講座「基礎編」「英文契約書講座」に続き「通関知識基礎講座」を開催します。

日本の通関システムや課税標準(価格)、減免税・戻し税、経済連携協定などの通関に関する基本事項に加え、TPP11や日EU・EPAに対応した自己証明による原産地証明書についてわかり易く解説します。

社員研修の一環としても是非ご利用下さい。多数の皆様のご参加をお待ちしています。

日時

2019年6月13日(木曜) 9時30分~16時30分

場所 富山県総合情報センター(情報ビル)外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 4階 第1・第2会議室(富山市高田527)

※駐車場無料

内容
  1. 関税定率法(日本)別表:
    1. 日本の関税率表と関税番号
    2. 世界の関税番号
    3. 日本の関税制度
    4. 日本の関税率適用順位
  2. EPA(経済連携協定)等と海外販売戦略:
    1. 日本のEPA(経済連携協定)・FTA(自由貿易協定)
    2. 日本のEPA等制度
    3. 自己申告制度による原産地申告書
  3. 外国の自由貿易協定:
    1. ASEAN 経済共同体域内の自由貿易協定
    2. 中国とASEAN 経済共同体との間の自由貿易協定
  4. 新しい日本の通関システムとATAカルネ(通関手帳):
    1. AEO制度
    2. 輸出入申告官署の自由化
    3. 通関業務料金規定の廃止
    4. NACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)
    5. ATAカルネ(通関手帳)
  5. 輸入通関における課税標準(価格)と関税:
    1. 課税標準とは何か
    2. 課税価格の基本計算と税金(関税・消費税)
  6. 日本の関税に関する減免税・戻し税の制度:
    1. 免税制度
    2. 戻し税制度
  7. 輸出取引免税制度(消費税等)

※詳細は案内書をご覧ください。

講師

中矢一虎法務事務所(司法書士、行政書士) 代表 中矢 一虎 氏

主催・共催 ジェトロ富山
富山県国際経済交流推進協議会
協力 北陸銀行、富山銀行、富山第一銀行、日本政策金融公庫富山支店、商工組合中央金庫富山支店、富山信用金庫
後援 富山県商工会議所連合会
参加費

2,000円 (税込み、テキスト代含む)

※当日受付にてお支払いください。
ジェトロメンバーズの方は1社につき4名まで無料です。

定員 50名
※定員に達した場合は、締切日前でも受付を終了させていただきます。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2019年06月07日(金曜) 23時59分

お問い合わせ先

ジェトロ富山 (担当:西田)
Tel:076-444-7901 Fax:076-444-7903 
E-mail:toy@jetro.go.jp

いつでもどこでも、レベルに合わせた4講座 貿易実務オンライン講座もご活用ください。4月期・6月期・7月期・10月期申し込み受付中。詳しく見る