1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 【オンライン商談会・オンラインシンポジウム】「ウズベキスタンの医薬品産業」 ―日本からの輸出や現地製薬企業との協業の可能性について―

展示会・商談会[出展募集]【オンライン商談会・オンラインシンポジウム】「ウズベキスタンの医薬品産業」 ―日本からの輸出や現地製薬企業との協業の可能性について―

募集は締め切りました。

お申し込み締め切りを、3月15日(月曜)12時00分まで延長しました。

ウズベキスタンは、中央アジアで最も人口規模(3,500万人)が大きく、親日国で日本語人材も多い国です。2017年以降、経済構造改革・自由化が進められ、高い経済成長を示すなど(GDP成長率:2018年5.4%、2019年5.6%、2020年1.6%)、ロシアCIS諸国の中でフロンティア市場としての存在感が高まっています。

資料によるとウズベキスタンの医薬品市場規模は約14億米ドル。医薬分離により、病院は基本的に診断のみで、医薬品は薬局で患者自らが購入することが一般的です。近年では所得が伸び、高品質・安全な医薬品が一層求められる傾向にあります。日本の大手製薬企業の製品も2018年より市場で販売されるようになりました。

今回のシンポジウムではウズベキスタンの業界団体、および日本の医薬品の輸入販売や日本企業との協業にご関心のある現地医薬品取り扱い最大手企業3社より、プレゼンテーションを行っていただき、後日オンライン商談会を開催します。この機会に、ぜひご参加ください。

日時
  • シンポジウム:2021年3月16日(火曜)13時00分~16時00分(最大)
  • 商談会:2021年3月24日(水曜)14時00分~17時00分
場所 オンライン開催 (ライブ配信)

使用アプリケーション:Zoom利用予定

内容
シンポジウムプログラム:
  1. 第1部 「ウズベキスタン・日本の医薬品産業の交流に向けて」(13:00~13:45)
    1. 13:00~13:15
      「ウズベキスタン経済概況とビジネス環境、日本医薬品への関心の高まり」

      講師:ジェトロ・タシケント事務所長 髙橋 淳

    2. 13:15~13:45
      「ウズベキスタンの医薬品産業・同市場の紹介」

      講師:ウズベキスタン外国医薬品企業・製造者代表者協会
      (欧州・ロシア・日系およびウズベキスタン卸・製造企業30社で構成)
      理事長 ムハブバット・アスカロワ 氏(医学博士)

  2. 第2部 ウズベキスタン・日本企業によるプレゼンテーション(14:00~15:15)
    1. 14:00~14:20
      「日本および富山県の医薬品産業について」

      講師:ハマノインターナショナル株式会社 代表取締役 浜野 正一郎 氏(薬学博士)

    2. 14:20~15:10
      「各社プレゼンテーション」(各社10分)

      ウズベキスタン側企業(3社)※別途、日本側企業(2社)の発表者を募集します

    1. Asklepiy Group外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

      1993年設立。医薬品関連卸最大手企業の1社。国内外の400のサプライヤーから5,000を超える医薬品(FPP)および医療材料等取り扱い。同社グループは有力医薬品小売・製造企業5社から構成される。国内13か所拠点、1万2,000平方メートルを超える倉庫を所有。日本の医薬品(原料・資材含む)取り扱い、製造での協業に関心。

    2. Meros Pharm外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

      2007年設立。医薬品市場シェア11%超。2,500を超える医薬品、部外医薬品、医療製品を国内で供給。取引は卸、薬局チェーン、単一の薬局など約6,000ヵ所。国内に計1万平方メートルを超える4つの配送センターを所有。サノフィ、タケダ薬品等公式ディストリビューター。日本の医薬品取り扱いに関心。

    3. Grand Pharm Trade外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

      2005年創立。ウズベキスタン市場での医薬品の有力卸・小売業企業の1社。国内の薬局チェーンおよび医療機関等パートナーは300を超え、約6,000の製品(うち2,167が輸入)取扱い。国内に広範なネットワークを持ち、自社が運営する薬局は国内237ヵ所。日本からの医薬品等輸入に関心。

    ※日本側 2社(発表企業を合わせて募集します)

言語:日本語・ロシア語 同時通訳(第1部は日本語のみ)

オンライン商談会概要

3月24日(水曜)日本時間14時00分~17時00分(仮)でオンライン商談会を開催します。(使用アプリ:ZOOM)

商談参加希望は、セミナー申込時およびシンポジウム開催後(3月16日15時15分~18時00分)にお申し込みを受け付けます。

言語
英日逐次通訳
時間
1商談あたり1時間(14時00分~15時00分、15時00分~16時00分、16時00分~17時00分)
マッチング
日本側・ウズベキスタン側の商談お申し込みを基にジェトロにて商談時間をアレンジさせていただきます。
富山県以外の企業の商談希望も受け付けます。
主催・共催 ジェトロ富山、ジェトロ・タシケント事務所
協力 富山県薬業連合会
参加費 無料
定員 50名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します
Zoomご利用方法・留意事項等
Zoomのご利用について
  • 後日登録された個人メールアドレスに参加URL、パスワードが送信されます。
  • 主催者側での参加者の把握のため、集団受講(端末1台で複数名受講)はご遠慮ください。複数名で受講される場合はお手数ですが、1名毎にお申込みください。
  • ZoomにかかるURLがメール、SNS等で不用意に拡散されることのないようにご注意ください。
  • Zoomアプリケーションをダウンロードしてご利用の場合、現在のZoomの仕様では、自動アップデート機能がありません。使用する際には必ず事前にバージョンを確認し最新版に保った状態で使用するようにご留意ください。
  • Zoomのご利用が初めての場合は、Zoom公式ウェブページ「テストミーティングに参加 - Zoom外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」にアクセスし、アプリの使用可否を確認してください。
  • お申し込みにあたっては、添付「ご利用条件・免責事項」を必ずご確認ください。

お問い合わせ先

ジェトロ富山(担当:髙村、塩川)
Tel:076-415-7971 E-mail:TOY@jetro.go.jp