1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 【WEBセミナー】日本産酒類の海外輸出と戦略的プロモーションセミナー

セミナー・講演会【WEBセミナー】日本産酒類の海外輸出と戦略的プロモーションセミナー

2019年の日本産酒類輸出額は約660億円で対前年比6.9%増となり、日本産酒類の輸出額は7年連続で過去最高を更新しています。国内市場が縮小傾向にあり、今般の新型コロナウイルス感染拡大による従来ビジネスへの影響等を考えると、海外への販路開拓・拡大は重要になってきます。

ジェトロでは栃木県と連携しながら、海外食品バイヤーと県内酒類メーカーとの商談機会を提供してきました。本セミナーでは、海外の日本産酒類動向に加え、海外バイヤーとの商談におけるアルコールの売り込み方、バイヤーの関心を引き付ける提案方法のポイントについて、ジェトロ本部酒類支援課よりご紹介します。あわせて、継続的な取引や販売拡大に繋げるため、現地の消費者に選んでもらうためのメーカーと連携したプロモーション方法等について、JFOODOよりご紹介します。県内酒類メーカー様の積極的なご参加をお待ちしています。

日時

2020年10月15日(木曜) 14時00分~15時50分

場所 WEBセミナー (ライブ配信)

※お申込みいただいたお客様に配信ページを ご案内します。Zoom使用

プログラム
14:00-14:05
事務局連絡
14:05-14:55
「新型コロナウイルス影響下での酒類輸出状況とジェトロによる支援策について」

(※オンデマンド配信中の録画映像と同一内容を配信します。)

14:55-15:10
ライブ解説

講師:ジェトロ加工食品・酒類支援課 杉野 浩史

15:10-15:40
「JFOODO日本産酒類プロモーション戦略と実施について」

講師:日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO) カテゴリー・マネージャー 武田 三範

15:40-15:50
質疑応答
講師
ジェトロ加工食品・酒類支援課 杉野 浩史(すぎの ひろし)
2013年4月、ジェトロに入構。2015年1月~2018年5月まで大分事務所に赴任し、主に大分県内の農林水産物・食品輸出の支援に携わり、2018年5月より、現職。酒類および加工食品の輸出支援を担当。
日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO) カテゴリー・マネージャー
武田 三範(たけだ みつのり)
国内外企業にてマーケティングコミュニケーション、商品開発、新規事業立ち上げ等を経験。幅広い経験をもとに、現在は日本酒、日本茶、和牛の海外プロモーションに従事。
主催・共催 ジェトロ栃木
栃木県(主催)、関東信越国税局(共催)
協力 足利銀行、栃木銀行(予定)
後援 栃木県酒造組合、商工中金・宇都宮支店、足利支店(予定)
参加費 無料
定員 25名(予定)
※応募多数の場合は栃木県内企業優先
Zoomをご利用の際の留意・注意事項
  • ご受講前に、添付「視聴環境、免責事項及びご利用条件(Zoom)」をご確認ください。
  • Zoomの利用方法は、添付「案内書」2ページめ「受講方法」をご確認ください。
  • アプリケーションをダウンロードしてご利用の場合、現在のZoomの仕様では、自動アップデート機能がありません。使用 する際には、必ず事前にバージョンを確認し、最新版に保った状態で使用するようにご留意ください。
  • ZoomにかかるIDやURLがメール、SNS等で不用意に拡散されることのないようにご注意ください。

お申し込み方法

イベント申し込みページで必要事項を入力・送信してください。※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。

お申し込み締め切り

2020年10月12日(月曜) 17時00分

お問い合わせ先

ジェトロ栃木 (担当:山本、栃木)
Tel:028-670-2366 Fax:028-670-2368 
E-mail:tcg@jetro.go.jp