1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. PCQI(予防管理適格者)養成研修

セミナー・講演会

PCQI(予防管理適格者)養成研修

募集は締め切りました。

米国向けに食品を製造、輸出、販売する事業者は、今般施行された米国食品安全強化法(FSMA)への対応が不可欠です。FSMA規則の一つ「危害分析及びリスクに基づく予防管理の義務付け(PCHF)」では、食品安全計画の策定者として「予防管理適格者(PCQI)」を求めています(※1)。

本研修では、米国食品医薬品局(FDA)が認めるトレーニングカリキュラムの一つで、米国の官民共同アライアンス(FSPCA)が認めるPCQI養成カリキュラムを提供し、研修修了者にはFSPCA認定PCQI資格を授与します。米国向け輸出を継続されたい方、PCQI資格認定者がおられない事業者は、是非ご参加ください。

(※1)米国が定めるPCQIの要件は次のいずれかです。

  • FDAが認める基準のトレーニングカリキュラムを受講した者
  • 食品安全管理に関する職務経験を通じて少なくとも上記カリキュラム同等の知識を与えられた者

日時

2017年11月8日(水曜)~10日(金曜) 3日間コース

1日目:
9時20分~17時30分(9時00分 受付開始)
2日目:
9時30分~17時30分(9時15分 受付開始)
3日目:
9時30分~15時00分(9時15分 受付開始)
場所 ホテルマイステイズ宇都宮 外部サイトへ、新しいウィンドウが開きます 3階 「華厳」(宇都宮市東宿郷2-4-11)

JR宇都宮駅東口から徒歩3分、立体駐車場(無料)あり

プログラム
研修内容
食品安全計画の概要、cGMP とPRP、危害要因とは、食品安全計画の作成、危害要因分析、予防的管理措置、検証、妥当性確認、記録、リコール計画等、PCQI資格を取得するためにFSPCAが定めている内容について
講師
ペリージョンソンホールディング 萩原 正 氏
主催・共催 ジェトロ栃木
栃木県
参加費
  1. 栃木県内に登記上の拠点がある事業者:無料
  2. その他の事業者:10,800円(税込)
定員 20名(先着順、原則1社1名)
参加条件
必須条件
  1. 3日間のカリキュラムをすべて受講できる方
  2. 専従従業員(※2)が500人未満の小規模事業者
  3. 米国向け輸出品として、PCHF規則サブパートCの適用対象品目(※3)の食品を製造・加工している事業者

(※2)専従従業員の数は、当該法人および全ての関連施設および子会社の全ての従業員に対して、直接支払われる給与や賃金の基礎となる時間を1年あたりの合計労働時間数「2,080時間(40時間×52週)」で割ることによって算出します。(小数点以下切り捨て)

(※3)畜肉・家きん肉・卵および肉・卵の加工品、野菜・果実、水産物、ジュース、アルコール飲料、栄養補助食品 以外

優先条件
  1. 栃木県に登記上の拠点がある事業者、中小企業
  2. ヒト向け食品の年間売上高(国内外含む)が100万ドル以上の事業者
  3. PCQI資格者がいない事業者

お問い合わせ先

ジェトロ栃木 (担当:松本、渡邊)
Tel:028-670-2366 Fax:028-670-2368 
E-mail:tcg@jetro.go.jp