1. サイトトップ
  2. イベント情報
  3. 水産物輸出のためのHACCP入門セミナー

セミナー・講演会水産物輸出のためのHACCP入門セミナー

募集は締め切りました。

昨今、海外で寿司・刺身をはじめとした日本食の人気が高まっており、特に日本産の水産物は注目されています。一方、2017年以降2年連続で拡大を続けた水産品輸出は、不漁などにより2019年には金額ベースで前年比5.2%減と減少を喫しました。

そうしたなか、国内では平成30年6月に食品衛生法が改正され、令和3年6月1日から食品工場などにHACCP(ハサップ)が義務化されることになりました。原則として全ての食品等事業者が対象とされており、これに対応していくことが必要となります。

そこで、ジェトロ静岡は、こうした新たな課題も含めた水産物輸出のためのセミナーを開催します。本セミナーでは、大日本水産会が水産物輸出のためのHACCPの概要、導入方法について、ジェトロが新型コロナウイルス感染拡大による水産物輸出への影響や、「新しい日常」を踏まえた輸出の進め方等について解説します。

水産物輸出に必要な基本的な知識を効率的に収集できる絶好の機会ですので、皆様奮ってご参加ください。

日時

2020年9月9日(水曜)13時30分~16時30分 (13時00分 受付開始)

場所 焼津市総合福祉会館 多目的ホール(焼津市大覚寺三丁目2番地の2)
プログラム
13:30-15:00
第1部 水産品輸出に向けたHACCP講習(90分)

講師:(一社)大日本水産会 国際・輸出促進部 部長代理 山口 隆宏 氏

内容:輸出水産物におけるHACCP導入の状況と具体的なHACCPプラン作成等

15:00-15:10
休憩(10分間)
15:10-16:10
第2部 新型コロナウイルス影響下での水産品輸出とジェトロによる支援策

※農林水産省からの補助金で実施するものです。

講師:ジェトロ水産品支援課 課長代理 杉山 百々子

内容:新型コロナウイルス感染拡大による輸出への影響、各国・地域の対応状況と市場動向、ジェトロの輸出支援策 等

16:10-16:30
質疑応答(20分間)
主催・共催 ジェトロ静岡
(共催)一般社団法人 大日本水産会、焼津市
後援 静岡県(予定)
参加費 無料
定員 70名
(定員に達し次第、締め切ります)

お問い合わせ先

ジェトロ静岡 
Tel:054-352-8643 Fax:054-352-2798 
E-mail:siz@jetro.go.jp